PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]ウルフアロンと原沢久喜が決勝進出もともに苦杯、最終日の4階級は日本勢の優勝なし・グランドスラムパリ2019最終日男子

(2019年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]ウルフアロンと原沢久喜が決勝進出もともに苦杯、最終日の4階級は日本勢の優勝なし
グランドスラムパリ2019最終日男子(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝、キム・スンミンが原沢久喜の内股の戻りに合わせて押し込み隅落「一本」。

→最終日男子プレビュー
→最終日男子全試合結果

パリ・エコーホテルズアリーナで行われているグランドスラム・パリ大会は10日に最終日を迎え、男子は100kg超級、100kg級、90kg級、81kg級の4階級の競技が行われた。この欧州シリーズを東京世界選手権(8月25日~9月1日)の第3次代表選考と位置付ける日本は現状の本命と考えられる一番手グループ7人を投入したが、この日は優勝なしに終わった。

男子100kg超級は原沢久喜(フリー)が2位。この日は準々決勝でバクー世界選手権2位のウシャンギ・コカウリを完璧な内股「一本」に仕留めるなど久々素晴らしい出来を披露していたが、決勝はキム・スンミン(韓国)に仕掛けた右内股の戻りを押し込まれ隅落「一本」で敗れた。影浦心(日本中央競馬会)は準々決勝でオール・サッソン(イスラエル)に敗れて3位だった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.