PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

素根輝がみたびオルティスに挑む78kg超級に注目、最激戦区78kg級は日本とフランスの2大強国ががっぷり四つ・グランドスラムパリ2019最終日女子プレビュー

(2019年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
素根輝がみたびオルティスに挑む78kg超級に注目、最激戦区78kg級は日本とフランスの2大強国ががっぷり四つ
グランドスラムパリ2019最終日女子プレビュー
eJudo Photo
ワールドマスターズを制した新添左季

■70kg級・強豪多数参加のハイレベルトーナメント、日本勢2名は背水の陣継続

(エントリー37名)

マリー=イヴ・ガイ(フランス)を筆頭に海外の強豪がほぼあまねくエントリー、ハイレベルなトーナメントが組まれた。ジュリ・アルベール(コロンビア)が出場していないが、それ以外のトップ選手は一通り顔を揃えたという印象だ。欧州シリーズは階級によって重心がこの大会とデュッセルフドルフ大会のいずれかに振れる傾向があるが、この階級は両大会とも相応に「重たい」。世界選手権連覇者新井千鶴(三井住友海上)を追いかける、サバイバルシリーズという様相だ。

日本から参加するのは、新添左季(山梨学院大4年)と大野陽子(コマツ)。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.