PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

佐々木健志がツアー3連勝に挑戦、100kg級の本命ウルフアロンは組み合わせに恵まれる・グランドスラムパリ2019最終日男子プレビュー

(2019年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
佐々木健志がツアー3連勝に挑戦、100kg級の本命ウルフアロンは組み合わせに恵まれる
・グランドスラムパリ2019最終日男子プレビュー(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
ツアー3連勝を目指す佐々木健志

■81kg級・トップ選手勢揃いの超ハイレベルトーナメント、日本勢2名は配置の明暗分かれる
(エントリー63名)

間違いなく今大会の目玉となる階級。サイード・モラエイ(イラン)、アレクサンダー・ヴィーチェルツァク(ドイツ)、ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)ら世界王者3名を筆頭に各地の名だたる強豪がパリに集い、大げさでなく世界選手権と比べても遜色のない、非常に豪華なトーナメントが出来上がった。
現在の81kg級は史上稀に見る戦国時代。トップ選手約20名がギリギリの鍔迫り合いを続けており、組み合わせやコンディション、相性の噛み合わせで表彰台の顔ぶれが毎回大きく変わることが数年スパンで続いている。勝敗の予想は極めて困難だ。

この過酷なトーナメントに挑む日本勢は、佐々木健志(筑波大4年)と小原拳哉(パーク24)の2名。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.