PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]髙藤直寿と橋本壮市貫録の優勝、阿部一二三はまさかの初戦敗退・グランドスラムパリ第1日男子

(2019年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]髙藤直寿と橋本壮市貫録の優勝、阿部一二三はまさかの初戦敗退
グランドスラムパリ第1日男子(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、橋本壮市がツェンドオチル・ツォグトバータルから片襟の右体落「一本」

→第1日男子プレビュー
→第1日男子全試合結果

IJFワールドツアー欧州シリーズきってのビッグイベント、グランドスラムパリ大会が9日、パリ・エコーホテルズアリーナで開幕。初日は男子3階級、女子4階級の競技が行われ、この欧州シリーズを世界選手権代表選考第3次予選と位置付ける日本からは男子4名、女子7名が出場した。

男子60kg級は昨年の世界王者・髙藤直寿(パーク24)が優勝。序盤は動き決して良くなかったが足技に組み手と柔道の幅の広さを利してしっかり勝ち上がり、準決勝からはペースアップ。決勝は2015年世界王者イェルドス・スメトフ(カザフスタン)からまず「指導」2つを奪い、浮落「技有」を追加しての完勝だった。髙藤はこの大会4度目の戴冠。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.