PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

最注目は超豪華陣容の63kg級、57kg級は玉置桃と出口クリスタがベスト8で激突・グランドスラムパリ第1日女子プレビュー

(2019年2月8日)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。
最注目は超豪華陣容の63kg級、57kg級は玉置桃と出口クリスタがベスト8で激突
グランドスラムパリ第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
eJudo Photo
第1シードは日本の近藤亜美

■48kg級・ビロディド不在も陣容は充実、第1シードの近藤亜美は戦いやすい組み合わせを引く

(エントリー34名)

現世界王者のダリア・ビロディド(ウクライナ)は出場を回避。それでも階級全体の層の厚さを反映する形で、非常にレベルの高いトーナメントが組まれた。ここに挑む日本代表選手は、近藤亜美(三井住友海上)と遠藤宏美(ALSOK)。

近藤は渡名喜風南(パーク24)のライバルポジションとして昨シーズンを2番手でスタートしたものの、8月のアジア大会では苦手としているジョン・ボキョン(韓国)に敗れて2位。ここからつまづきが始まり、以降は講道館杯5位、グランドスラム大阪3位、ワールドマスターズ2位と優勝から遠ざかってしまっている。渡名喜の背中を追うためにも、ここはなんとしても結果がほしいところ。今大会は第1シードとして戦いやすい組み合わせを引いており、良い内容で決勝まで勝ち上がり、反対側の山の勝者を待ち受けたい。

一方の遠藤も昨シーズンは講道館杯7位、グランドスラム大阪3位と存在感を示すことができなかった。東京五輪の代表争いはすでに渡名喜と近藤に限られた感があるが、この階級はビロディドというターゲット選手がはっきりと決まっており、それに勝利できれば序列を超えて代表に抜擢される可能性も僅かながら存在する。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.