PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

髙藤直寿と阿部一二三、橋本壮市ら世界王者の再始動に注目・グランドスラムパリ2019・第1日男子プレビュー

(2019年2月8日)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。
髙藤直寿と阿部一二三、橋本壮市ら世界王者の再始動に注目
グランドスラムパリ2019・第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
バクー世界選手権金メダリスト・髙藤直寿

[参考記事]
【解説】冬季欧州シリーズ派遣リスト発表、各階級代表レースの状況鮮明(2018年12月7日)

IJFワールドツアー欧州シリーズきってのビッグイベント・グランドスラムパリ大会がいよいよきょう開幕。初日は男子3階級、女子4階級の競技が行われる。

今年もスターが多数参戦。まことに豪華なトーナメントであるが、エントリーリストを見る限り、今大会の軸は間違いなく日本勢。

言うまでもないことだが、この欧州シリーズは東京世界選手権(8月25日~9月1日)の日本代表第3次選考を兼ねており、本命とされる選手はこのパリ大会と再来週のデュッセルドルフ大会に分けて派遣されている。この2大会で代表争いの行方はほぼ見えると言って良い。

つまりは現状の最強国日本が全階級にあまねく一線級を送り込んでいるわけだから、この2大会の「主役」と規定されるのは当然と言えば当然だ。

階級によって事情は異なるが、日本選手にとっては大雑把に言って「勝っても代表が決まるわけではないが、負ければ『自力』で代表を決める権利がほぼ潰える」というまことに過酷なシリーズ。眦決して臨む日本勢の活躍とそれに挑む海外の強豪たち、という観点でぜひこの贅沢な2日間を堪能してもらいたい。
会場のエコーホテルズアリーナ(旧ベルシー体育館)の観客席はまるでコンサート、選手の国籍に関わらず良い技には拍手、盛り上がればスタンドを揺るがすウェーブ。試合ももちろんだが、この豊かな観戦文化もぜひ感じてもらいたい。

■60kg級・今大会が出直しの髙藤直寿が登場、ライバルはダシュダヴァーとスメトフ

(エントリー36名)

世界選手権2連覇中の現世界王者、髙藤直寿(パーク24)が出直しの戦いに挑む。髙藤は昨年9月のバクー世界選手権で左膝を負傷、十分に稽古を積めないまま出場した11月のグランドスラム大阪では、初戦(2回戦)でキム・ウォンジン(韓国)を相手に「指導3」を失ってまさかの1敗を喫している。同大会ではライバルの永山竜樹(東海大4年)が優勝を飾っており、世界王者としてのアドバンテージを維持するためにも、今回は絶対に負けられない戦いだ。

髙藤の配置は第1シード。プールAにはこれといった強豪は居らず、ベスト4進出まではまず確実と考えてよいだろう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.