PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

松本薫が現役引退、第2の人生はアイスクリーム屋さん

(2019年2月7日)

※ eJudoメルマガ版2月7日掲載記事より転載・編集しています。
松本薫が現役引退、第2の人生はアイスクリーム屋さん
eJudo Photo
引退会見に臨んだ松本薫

ロンドン五輪金メダリストの松本薫が7日、所属先のベネシード東京本社(渋谷区)で会見を行い、競技生活からの引退を発表した。松本はリオデジャネイロ五輪後に結婚と出産を経験、昨年競技に復帰して東京五輪の出場を目指していたが、11月の講道館杯全日本柔道体重別選手権では1回戦敗退に終わっていた。

第2の人生について問われると「アイスクリーム作ります」とこの日も松本節は絶好調。自身の柔道観を『教育柔道』と語るなど、独特の表現で自身の競技生活を振り返った。

松本薫選手のコメント要旨は下記。

松本薫選手のコメント
「沢山の方のおかげで今があります。第2の人生は違う形でスタートを切ることになりますが、よろしくお願い致します。柔道の試合をしない、練習、トレーニングをしないって、こんなに楽なんだな、と感じています。11月の試合のときも、闘争心がなくなってきていました。試合の中で、ああ、もう勝ちたくないなと思ってしまった。競技者として、勝負師として終わっていると感じて、試合が終わってすぐ、会社に(引退すると)伝えました。(-ご家族はなんと言っていましたか?)家族はもっと見ていたかったと言っていました。子育てと『野獣』の両立は難しかったです。今はすっきりしています。私にとっての柔道は『教育柔道』です。辞めて実感するのは…例えば『キャプテン翼』だとサッカーボールは友だちと言ってサッカーが好きですよね。その競技が好きじゃないといけない洗脳といいますか、私も好きじゃないといけないと思っていました。ずっと疑問に思っていたのですが、私は柔道が好きではなかった。もちろん嫌いではないですが、柔道は目標であり、夢でした。柔道を通して成長することができた。ですから、私の柔道は『教育柔道』です。辞めることに一切迷いはありませんでした。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.