PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第70回

(2019年1月28日)

※ eJudoメルマガ版1月28日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第70回
当身を欠いた武術は、不具の武術である。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「精力善用国民体育と従来の形と乱取」
柔道2巻6号 昭和6年6月 (『嘉納治五郎大系』8巻216頁)

最近、嘉納治五郎師範に関する本が立て続けに出版されています。また、テレビでもたびたび取り上げられました。これまであまり知られていなかった師範が、多くの人の目に触れる機会が増えたことは大変嬉しいことで、大河ドラマの影響力の大きさを改めて感じています。ただ、柔道にかかわる人間として少し気になることもあります。

「いだてん」ブームに伴う一連の話の中で、嘉納師範が<「柔術」から危険な技を取り除いて、近代スポーツとして「柔道」を作った>といった語りが見られます。東京オリンピックというスポーツの祭典を招致した人物という観点からですので、どうしてもスポーツの方面からの見方になるのは仕方がないのかもしれません。また、最近出版されたある本では柔道と柔術の違いの1つに(危険な技である)当身(突きや蹴り)の有無が上げられていて驚きました。確かに、オリンピックを頂点とする競技の柔道しか知らない人からすると、柔道に打撃技があることは想像できないでしょう。
 
ですが、本連載でも度々ふれているように、師範は講道館柔道の目的の1つとして、「勝負」すなわち「武術としての柔道」を主張し続けました。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.