PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]国士舘が優勝、東海大高輪台と日体大荏原も全国大会進出権得る・第41回全国高等学校柔道選手権東京都予選男子団体

(2019年1月27日)

※ eJudoメルマガ版1月27日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]国士舘が優勝、東海大高輪台と日体大荏原も全国大会進出権得る
第41回全国高等学校柔道選手権東京都予選男子団体
eJudo Photo
準決勝、国士舘高の大将斉藤立が日体大荏原高の副将グリーンカラニ海斗から大内刈「一本」。

第41回全国高等学校柔道大会(3月19日~20日、日本武道館)の東京都予選が27日、東京武道館で行われ、男子団体戦は全国大会本戦の連覇を狙う国士館高が優勝した。第2代表は東海大高輪台高、第3代表は日体大荏原高となった。

国士舘は第1シード。準々決勝では修徳高を四人残しで破り、最大の山場と目された準決勝では日体大荏原と対戦。1勝2敗2引き分けの1人差ビハインドで大将斉藤立が出動する事態となったが、斉藤は個人無差別代表のグリーンカラニ海斗を1分58秒大内刈「一本」、山城和也を27秒「一本」と立て続けに破り、国士館はこの時点で全国大会進出決定。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版1月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.