PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

望海中学校が優勝、東海大相模高中等部との決勝を逆転で制す・2018サニックス旗福岡国際中学生柔道大会男子の部

(2018年12月26日)

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。
望海中学校が優勝、東海大相模高中等部との決勝を逆転で制す
2018サニックス旗福岡国際中学生柔道大会男子の部
2018サニックス旗福岡国際中学生柔道大会(男子第16回)は26日、グローバルアリーナ(福岡県宗像市)で行われ、86チームが参加して行われた男子の部は望海中学校(兵庫県)が優勝した。

東海大相模高中等部(神奈川)との決勝は0-2のビハインドで迎えた副将戦から中村乾渡と村瀬浩樹が連続一本勝ち、内容差で勝ち越して勝利を決めた。最優秀選手賞には中村が選ばれた。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

※5人制自由配列、試合ごとのオーダーと配列の変更を認める
※試合時間3分

【入賞者】
(エントリー86チーム)
優 勝:望海中学校(兵庫県)
準優勝:東海大相模高中等部(神奈川)
第三位:エーデルワイス柔道クラブ(チェチェン共和国)、大成中学校(愛知)
最優秀選手賞:中村乾渡(望海中)
優秀選手賞:トゥルパル-アリ・アダエフ(エーデルワイス柔道クラブ)、村瀬浩樹(望海中)、服部辰哉(東海大相模高中等部)、三並壮太(大成中)
グッドマナー賞:北浜中学校(静岡)

【準々決勝】

エーデルワイス柔道クラブ(チェチェン共和国) ①-1 埼玉栄中学校(埼玉)
(先)エカエフ×引分×杉野瑛星
(次)アダエフ△優勢[僅差]○粂田和樹
(中)カイサロフ○裏投△新井道大
(副)テプカエフ×引分×峰優月
(大)サンガリエフ×引分×坂口稜

明石市立望海中学校(兵庫) 3-2 土浦市立土浦第四中学校(茨城)
(先)髙橋憲司△袈裟固○カフレジュリアーノ
(次)永澤慎悟△優勢[技有]○カフレガブリエル
(中)中村乾渡○袖釣込腰△飯田晃生
(副)髙森和○背負投△蜂谷優友
(大)村瀬浩樹○優勢[僅差]△野村尚吾

東海大相模高中等部(神奈川) ②-2 東海大浦安高中等部(千葉)
(先)服部辰成○小外刈△大峯光生
(次)木原慧登×引分×栗田嵩大
(中)田中詩音△優勢[技有]○井桁飛翔
(副)金杉元太○小外刈△東川伯
(大)手塚春太朗△袈裟固○三崎大和

大成中学校(愛知) 4-1 北九州市立曽根中学校(福岡)
(先)鈴木恵介○内股△竹本圭吾
(次)山科啓容○優勢[技有]△谷口斗唯
(中)三並壮太○優勢[僅差]△大石晋太郎
(副)佐々木勇翔△小外刈○佐藤晴樹
(大)鈴木魁人○内股△川原力

【準決勝】

明石市立望海中学校 3-2 エーデルワイス柔道クラブ
(先)顕徳海利○背負投△エカエフ
(次)髙森和△合技○アダエフ
(中)中村乾渡○小外掛△カイサロフ
(副)村瀬浩樹○優勢[僅差]△テプカエフ
(大)永澤慎悟△優勢[技有]○ザクライロフ

東海大相模高中等部 3-2 大成中学校
(先)服部辰成○反則△鈴木恵介
(次)木原慧登○反則△山科啓容
(中)田中詩音△大外刈○三並壮太
(副)金杉元太○横四方固△佐々木勇翔
(大)手塚春太朗△払腰○鈴木魁人

【決勝】

明石市立望海中学校 ②-2 東海大相模高中等部
(先)顕徳海利△背負投○服部辰成
(次)髙森和△優勢[僅差]○木原慧登
(中)永澤慎悟×引分×田中詩音
(副)中村乾渡○合技△金杉元太
(大)村瀬浩樹○一本背負投△手塚春太朗

記録提供:グローバルアリーナ

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.