PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]佐々木健志が世界王者モラエイ破り優勝、最重量級は世界王者ツシシヴィリが大会2連覇飾る・ワールドマスターズ広州2018最終日男子

(2018年12月16日)

※ eJudoメルマガ版12月16日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]佐々木健志が世界王者モラエイ破り優勝、最重量級は世界王者ツシシヴィリが大会2連覇飾る
ワールドマスターズ広州2018最終日男子(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
→第2日男子プレビュー
→第2日男子全試合結果

eJudo Photo
81kg級2回戦、佐々木健志がサイード・モラエイから隅落「技有」

中国・広東省広州市で行われている今季のIJFワールドツアー最終戦・ワールドマスターズ広州2018は16日に最終日を迎え、男子は4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)の競技が行われた。日本勢からは81kg級の佐々木健志(筑波大4年)が優勝を飾った。

佐々木は初戦(2回戦)から現世界王者のサイード・モラエイ(イラン)と対戦する厳しい配置からのスタートとなったが、この強敵から肩車を潰しての隅落「技有」、さらに一本背負投「一本」と連取して撃破。決勝ではアスラン・ラッピナゴフ(ロシア)の内股を横車で返して「技有」を奪い、優勝を決めた。

90kg級は現世界王者のニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)が優勝。決勝ではクリスティアン・トート(ハンガリー)から相手の背負投を返しての隅落「技有」、袖釣込腰「技有」を奪い、合技「一本」で優勝を決めた。日本代表の長澤憲大(パーク24)は初戦(2回戦)でダヴィド・クラメルト(チェコ)に支釣込足「一本」で敗れた。

eJudo Photo
100kg級3位決定戦、飯田健太郎がペテル・パルチクから体落「技有」

100kg級はヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)が2連覇を達成。組み合わせにも恵まれ順当に決勝まで勝ち進むと、対戦相手のルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)の棄権により不戦勝ちで優勝を決めた。日本代表の飯田健太郎(国士舘大2年)は、2回戦でアジア大会決勝でも勝利している現世界王者のチョ・グハン(韓国)をGS延長戦での大内刈「一本」で破ったものの、準々決勝でルハグヴァスレンに浮腰「技有」で優勢負け。敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦では今年2月のグランドスラム・パリで敗れているペテル・パルチク(イスラエル)をGS延長戦での体落「技有」で下して表彰台を確保した。

100kg超級は現世界王者のグラム・ツシシヴィリ(ジョージア)が優勝、昨年に続くワールドマスターズ2連覇を決めた。決勝ではラファエル・シウバ(ブラジル)を崩上四方固「一本」で破った。日本代表の影浦心(日本中央競馬会)は準決勝でツシシヴィリに「指導3」で反則負け。3位決定戦でもタメルラン・バシャエフ(ロシア)にGS延長戦での袖釣込腰「技有」で敗れ、最終成績は5位だった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級メダリスト。左から2位のラッピナゴフ、優勝の佐々木、3位のデヴィトとアルバイラク。

(エントリー17名)

【入賞者】
1.SASAKI, Takeshi (JPN)
2.LAPPINAGOV, Aslan (RUS)
3.DE WIT, Frank (NED)
3.ALBAYRAK, Vedat (TUR)
5.CASSE, Matthias (BEL)
5.KHUBETSOV, Alan (RUS)
7.NYAMSUREN, Dagvasuren (MGL)
7.KHALMURZAEV, Khasan (RUS)

【準々決勝】
佐々木健志○GS一本背負投(GS0:11)△マティアス・カッス(ベルギー)
アラン・フベトソフ(ロシア)○GS大内刈(GS3:41)△ニャムスレン・ダグヴァスレン(モンゴル)
フランク・デヴィト(オランダ)○引込返(1:01)△ヴェダット・アルバイラク(トルコ)
アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)○GS反則[指導3](GS7:08)△ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)

【敗者復活戦】
マティアス・カッス(ベルギー)○反則[指導3](3:00)△ニャムスレン・ダグヴァスレン(モンゴル)
ヴェダット・アルバイラク(トルコ)○GS技有・隅落(GS0:43)△ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)

【準決勝】
佐々木健志○合技[大内刈・崩袈裟固](2:50)△アラン・フベトソフ(ロシア)
アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)○GS技有・払釣込足(GS1:07)△フランク・デヴィト(オランダ)

【3位決定戦】
フランク・デヴィト(オランダ)○GS小外掛(GS2:43)△マティアス・カッス(ベルギー)
ヴェダット・アルバイラク(トルコ)○GS反則[指導3](GS0:55)△アラン・フベトソフ(ロシア)

【決勝】
佐々木健志○優勢[技有・横車]△アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)

【日本代表選手勝ち上がり】

佐々木健志(筑波大4年)
成績:優勝


[2回戦]
佐々木健志○一本背負投(2:26)△サイード・モラエイ(イラン)

[準々決勝]
佐々木健志○GS一本背負投(GS0:11)△マティアス・カッス(ベルギー)

[準決勝]
佐々木健志○合技[大内刈・崩袈裟固](2:50)△アラン・フベトソフ(ロシア)

[決勝]
佐々木健志○優勢[技有・横車]△アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級メダリスト。左から2位のトート、優勝のシェラザディシヴィリ、3位のイゴルニコフとボズバエフ。

(エントリー17名)

【入賞者】
1.SHERAZADISHVILI, Nikoloz (ESP)
2.TOTH, Krisztian (HUN)
3.IGOLNIKOV, Mikhail (RUS)
3.BOZBAYEV, Islam (KAZ)
5.VAN T END, Noel (NED)
5.KLAMMERT, David (CZE)
7.MEHDIYEV, Mammadali (AZE)
7.USTOPIRIYON, Komronshokh (TJK)

【準々決勝】
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)○優勢[技有・隅落]△ママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)
イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)○優勢[技有・背負投]△ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)
ノエル・ファンテンド(オランダ)○GS技有・抱分(GS3:45)△コムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)
クリスティアン・トート(ハンガリー)○GS技有・釣込腰(GS2:39)△ダヴィド・クラメルト(チェコ)

【敗者復活戦】
ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)○優勢[技有・大内刈]△ママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)
ダヴィド・クラメルト(チェコ)○小外掛(2:28)△コムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)

【準決勝】
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)○隅落(3:32)△イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)
クリスティアン・トート(ハンガリー)○GS反則[指導3](GS2:52)△ノエル・ファンテンド(オランダ)

【3位決定戦】
ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)○優勢[技有・出足払]△ノエル・ファンテンド(オランダ)
イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)○優勢[技有・小内刈]△ダヴィド・クラメルト(チェコ)

【決勝】
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)○合技[隅落・袖釣込腰](2:12)△クリスティアン・トート(ハンガリー)

【日本代表選手勝ち上がり】

長澤憲大(パーク24)
成績:2回戦敗退


[2回戦]
長澤憲大△支釣込足(1:56)○ダヴィド・クラメルト(チェコ)

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左から2位のルハグヴァスレン・オトゴンバータル、優勝のリパルテリアニ、3位のフォンセカと飯田。

(エントリー17名)

【入賞者】
1.LIPARTELIANI, Varlam (GEO)
2.LKHAGVASUREN, Otgonbaatar (MGL)
3.FONSECA, Jorge (POR)
3.IIDA, Kentaro (JPN)
5.DARWISH, Ramadan (EGY)
5.PALTCHIK, Peter (ISR)
7.FLETCHER, Benjamin (IRL)
7.ZANKISHIEV, Kazbek (RUS)

【準々決勝】
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○合技[崩袈裟固・横四方固](1:50)△ベンジャミン・フレッチャー(アイルランド)
ペテル・パルチク(イスラエル)○優勢[技有・釣腰]△ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)
ラマダン・ダーウィッシュ(エジプト)○GS技有・内股(GS0:37)△カズベク・ザンキシエフ(ロシア)
ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)○優勢[技有・浮腰]△飯田健太郎

【敗者復活戦】
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○GS背負投(GS0:18)△ベンジャミン・フレッチャー(アイルランド)
飯田健太郎○反則[指導3](2:57)△カズベク・ザンキシエフ(ロシア)

【準決勝】
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○合技[隅落・外巻込](3:14)△ペテル・パルチク(イスラエル)
ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)○GS技有・一本背負投(GS0:26)△ラマダン・ダーウィッシュ(エジプト)

【3位決定戦】
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○GS反則[指導3](GS2:06)△ラマダン・ダーウィッシュ(エジプト)
飯田健太郎○GS技有・体落(GS1:12)△ペテル・パルチク(イスラエル)

【決勝】
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○不戦△ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)

【日本代表選手勝ち上がり】

飯田健太郎(国士舘大2年)
成績:3位


[1回戦]
飯田健太郎○内股(2:28)△シリル・マレ(フランス)

[2回戦]
飯田健太郎○GS大内刈(GS0:47)△チョ・グハン(韓国)

[準々決勝]
飯田健太郎△優勢[技有・浮腰]○ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)

[敗者復活戦]
飯田健太郎○反則[指導3](2:57)△カズベク・ザンキシエフ(ロシア)

[3位決定戦]
飯田健太郎○GS技有・体落(GS1:12)△ペテル・パルチク(イスラエル)

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左から2位のシウバ、優勝のツシシヴィリ、3位のモウラとバシャエフ。

(エントリー17名)

【入賞者】
1.TUSHISHVILI, Guram (GEO)
2.SILVA, Rafael (BRA)
3.MOURA, David (BRA)
3.BASHAEV, Tamerlan (RUS)
5.OLTIBOEV, Bekmurod (UZB)
5.KAGEURA, Kokoro (JPN)
7.HEGYI, Stephan (AUT)
7.YUAN, Shaotong (CHN)

【準々決勝】
グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)○大外刈(1:55)△ステファン・ヘギー(オーストリア)
影浦心○優勢[技有・背負投]△ダヴィド・モウラ(ブラジル)
ラファエル・シウバ(ブラジル)○優勢[技有・大外刈]△タメルラン・バシャエフ(ロシア)
ベクムロド・オルティボエフ(ウズベキスタン)○背負投(0:30)△ユアン・シャオトン(中国)

【敗者復活戦】
ダヴィド・モウラ(ブラジル)○内股(2:23)△ステファン・ヘギー(オーストリア)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○不戦△ユアン・シャオトン(中国)

【準決勝】
グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)○反則[指導3](3:34)△影浦心
ラファエル・シウバ(ブラジル)○合技[大外刈・横四方固](2:49)△ベクムロド・オルティボエフ(ウズベキスタン)

【3位決定戦】
ダヴィド・モウラ(ブラジル)○崩上四方固(2:19)△ベクムロド・オルティボエフ(ウズベキスタン)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○GS技有・袖釣込腰(GS2:43)△影浦心

【決勝】
グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)○崩上四方固(1:15)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

【日本代表選手勝ち上がり】

影浦心(日本中央競馬会)
成績:5位


[2回戦]
影浦心○合技[内股透・隅落](3:01)△ウシャンギ・コカウリ(アゼルバイジャン)

[準々決勝]
影浦心○優勢[技有・背負投]△ダヴィド・モウラ(ブラジル)

[準決勝]
影浦心△反則[指導3](3:34)○グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)

[3位決定戦]
影浦心△GS技有・袖釣込腰(GS2:43)○タメルラン・バシャエフ(ロシア)

※ eJudoメルマガ版12月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.