PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第66回

(2018年12月2日)

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第66回
名誉というものは、本来、善事をなしてその結果として得られるものである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「なにゆえに国家も個人も思うように進歩しないのであるか」
作興6巻1号 昭和2年11月 (『嘉納治五郎大系』6巻397頁)
 
人が何か目的を持ち、それを達成しようとするとき、そのモチベーションは一体何でしょうか?人それぞれでしょうが、その中の一つに<名誉>や<名声>といったものを(口にはしなくても)挙げる人は決して少なくないでしょう。

「名誉」は、本来なら「善事」つまり<良いこと>をして、その結果として得られるものであると師範は述べます。「本来」とわざわざ言うということは、「本来」以外のパターンがあると言うことです。つまり、何らかの理由で、実力や功績以上に、名誉や名声を得てしまうということ。こういった場合の名は尊ぶべきではないと師範は言います。それどころか「恥ずべきである」「(名ばかりあがった後、実績を残さずに死んだら)借金を残したの同様」とさんざんな評価です。

紹介した「ひとこと」は昭和2年のものですが、実は同じ趣旨のことは、たびたび述べられています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.