PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[記録]グランドスラム大阪2018・最終日男子3階級全試合結果(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2018年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。
[記録]グランドスラム大阪2018・最終日男子3階級全試合結果
(90kg級、100kg級、100kg超級)
日時:日時:2018(平成30)年11月25日
場所:丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級上位入賞者。左から2位のノエル・ファンテンド、優勝の向翔一郎、3位の村尾三四郎とエドゥアルド・トリッペル。

(エントリー39名)

【入賞者】
1.MUKAI, Shoichiro (JPN)
2.VAN T END, Noel (NED)
3.MURAO, Sanshiro (JPN)
3.TRIPPEL, Eduard (GER)
5.MARGIANI, Ushangi (GEO)
5.MACEDO, Rafael (BRA)
7.SILVA MORALES, Ivan Felipe (CUB)
7.KLAMMERT, David (CZE)

【日本代表選手結果】
向翔一郎(ALSOK):優勝
村尾三四郎(桐蔭学園高3年):3位
ベイカー茉秋(日本中央競馬会):3回戦敗退
田嶋剛希(筑波大3年):2回戦敗退

【1回戦】
ハテム・アブド=エル=アーヘル(エジプト)○体落(2:14)△エイガー・バルソン(アイスランド)
村尾三四郎○内股(2:44)△ハリソン・キャッサー(オーストラリア)
クレン=クリストフェル・カリウライド(エストニア)○優勢[技有・外巻込]△コルトン・ブラウン(アメリカ)
マティアス・クーシク(エストニア)○合技[一本背負投・一本背負投](2:24)△サレー・アルズワイード(サウジアラビア)
セバスティアン・テメシ(オーストラリア)○GS反則[指導3](GS1:49)△サムリ・ヴィータネン(フィンランド)
ユウタ・ガラレタ=ビラール(ペルー)○内股(1:14)△アブドゥライエ・ミリモノ(ギニア)

【2回戦】
イワン=フェリペ・シウバ=モラレス(キューバ)○小外掛(1:12)△キッティポン・ハントラティン(タイ)
ロバート・フロレンティーノ(ドミニカ共和国)○小外掛(0:53)△ダリル・ヤマモト=セルバン(ペルー)
ノエル・ファンテンド(オランダ)○袖釣込腰(0:48)△ハテム・アブド=エル=アーヘル(エジプト)
ミカイル・オゼルレル(トルコ)○GS反則[指導3](GS7:35)△田嶋剛希
イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)○背負投(0:15)△イニキ・ウエラ(ナウル)
村尾三四郎○大外刈(2:25)△ハン・ジュヨプ(韓国)
エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)○片手絞(0:34)△クレン=クリストフェル・カリウライド(エストニア)
シエ・ヤドン(中国)○合技[一本背負投・一本背負投](1:26)△ヴィクター・アヒアヴォール(ガーナ)
向翔一郎○背負投(2:59)△ネマニャ・マイドフ(セルビア)
アジズ・カルカマヌリー(カザフスタン)○合技[背負投・肩車](1:17)△オヴィニ・ウエラ(ナウル)
ラファエル・マセド(ブラジル)○片手絞(0:54)△マティアス・クーシク(エストニア)
イェスパー・シュミンク(オランダ)○小外刈(2:02)△ベンジャミン・ケンドリック(カナダ)
ウシャンギ・マルギアニ(ジョージア)○裏投(1:40)△セバスティアン・テメシ(オーストラリア)
ベイカー茉秋○優勢[技有・大内刈]△テイエン・テイエノフ(トルクメニスタン)
ダヴィド・クラメルト(チェコ)○GS小内刈(GS2:47)△ユウタ・ガラレタ=ビラール(ペルー)
ファルク・ペテルシルカ(ドイツ)○GS技有・小内返(GS0:21)△セオドロス・ツェリディス(ギリシャ)

【3回戦】
イワン=フェリペ・シウバ=モラレス(キューバ)○合技[大内刈・外巻込](2:22)△ロバート・フロレンティーノ(ドミニカ共和国)
ノエル・ファンテンド(オランダ)○GS技有・一本背負投(GS1:41)△ミカイル・オゼルレル(トルコ)
村尾三四郎○大外刈(0:19)△イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)
エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)○大内刈(2:26)△シエ・ヤドン(中国)
向翔一郎○合技[袖釣込腰・背負投](2:35)△アジズ・カルカマヌリー(カザフスタン)
ラファエル・マセド(ブラジル)○合技[横落・背負投](2:09)△イェスパー・シュミンク(オランダ)
ウシャンギ・マルギアニ(ジョージア)○浮落(3:17)△ベイカー茉秋
ダヴィド・クラメルト(チェコ)○内股(0:36)△ファルク・ペテルシルカ(ドイツ)

【準々決勝】
ノエル・ファンテンド(オランダ)○反則[DH](1:31)△イワン=フェリペ・シウバ=モラレス(キューバ)
※腕挫脇固の形で体を捨てたことによる
エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)○優勢[技有・横落]△村尾三四郎
向翔一郎○GS反則[指導3](GS0:41)△ラファエル・マセド(ブラジル)
ウシャンギ・マルギアニ(ジョージア)○GS技有・小外掛(GS2:00)△ダヴィド・クラメルト(チェコ)

【敗者復活戦】
村尾三四郎○不戦△イワン=フェリペ・シウバ=モラレス(キューバ)
ラファエル・マセド(ブラジル)○隅落(3:05)△ダヴィド・クラメルト(チェコ)

【準決勝】
ノエル・ファンテンド(オランダ)○合技[袖釣込腰・一本背負投](3:35)△エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)
向翔一郎○GS技有・背負投(GS0:24)△ウシャンギ・マルギアニ(ジョージア)

【3位決定戦】
村尾三四郎○GS反則[指導3](GS0:25)△ウシャンギ・マルギアニ(ジョージア)
エドゥアルド・トリッペル(ドイツ)○浮技(1:52)△ラファエル・マセド(ブラジル)

【決勝】
向翔一郎○GS反則[指導3](GS0:19)△ノエル・ファンテンド(オランダ)

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級上位入賞者。左から2位のシャディー・エルナハス、優勝のウルフアロン、3位の飯田健太郎、ジョルジ・フォンセカ。

(エントリー42名)

【入賞者】
1.WOLF, Aaron (JPN)
2.ELNAHAS, Shady (CAN)
3.IIDA, Kentaro (JPN)
3.FONSECA, Jorge (POR)
5.DVARBY, Joakim (SWE)
5.BUZACARINI, Rafael (BRA)
7.ODBAATAR, Khangal (MGL)
7.KORREL, Michael (NED)

【日本代表選手結果】

ウルフアロン(了徳寺学園職):優勝
飯田健太郎(国士舘大2年):3位
熊代佑輔(ALSOK):2回戦敗退
羽賀龍之介(旭化成):3回戦敗退

【1回戦】
アディルハン・コジバエフ(カザフスタン)○合技[小内巻込・小内巻込](1:59)△テヴィタ・タカヤマ(フィジー)
ミハル・ホラック(チェコ)○合技[引込返・体落](1:56)△シン・マツムラ(フィリピン)
羽賀龍之介○GS技有・払巻込(GS2:24)△アルマン・アダミアン(ロシア)
オドバータル・ハンガル(モンゴル)○反則[指導3](3:47)△ポポレ・ミセンガ(IJF所属)
キム・ジェユン(韓国)○優勢[技有・内股透]△ロカス・ネナルタヴィチウス(リトアニア)
カイハン・オズジジェク=タカギ(オーストラリア)○合技[隅落・隅落](2:24)△ウォン・ジョンフン(韓国)
ルー・グアンジ(台湾)○合技[隅落・横四方固](1:27)△レジナルド・デヴィント(キュラソー)
レウィス・メディナ(ドミニカ共和国)○背負投(0:45)△アントン・サヴィツキー(ウクライナ)
バティル・ホジャムハメドフ(トルクメニスタン)○合技[小外刈・小外掛](2:32)△ウェイ・プヤン(タイ)
熊代佑輔○GS合技[大外落・背負投](GS0:33)△イワン・レマレンコ(UAE)

【2回戦】
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○合技[内股・横四方固](3:40)△アディルハン・コジバエフ(カザフスタン)
ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)○優勢[技有・背負投]△エル=エー・スミス=サード(アメリカ)
ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)○背負投(1:45)△ミハル・ホラック(チェコ)
羽賀龍之介○大内刈(2:09)△ジャン・ボー(中国)
ダニーロ・ハツォル(ウクライナ)○GS隅落(GS1:56)△ベンジャミン・フレッチャー(アイルランド)
オドバータル・ハンガル(モンゴル)○GS内股(GS0:43)△グリゴリ・ミナシキン(エストニア)
ウルフアロン○内股(3:10)△キム・ジェユン(韓国)
ダニエル・ヘルブスト(ドイツ)○小内刈(1:24)△トーマス・ブリセノ(チリ)
マイケル・コレル(オランダ)○優勢[技有・袖釣込腰]△カイハン・オズジジェク=タカギ(オーストラリア)
ダニエル・ツォーン(ドイツ)○内股透(1:33)△ルー・グアンジ(台湾)
飯田健太郎○横四方固(2:47)△レウィス・メディナ(ドミニカ共和国)
エリヘムバツ(中国)○内股(0:56)△ナサニエル・ケーヴ(アメリカ)
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○合技[小外掛・一本背負投](2:23)△バティル・ホジャムハメドフ(トルクメニスタン)
アーロン・ファラ(オーストリア)○隅落(2:14)△ダニエル・ディチェフ(ブルガリア)
ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)○内股(2:53)△熊代佑輔
シャディー・エルナハス(カナダ)○合技[大腰・大内刈](1:36)△ラディク・ヘクル(チェコ)

【3回戦】
ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)○GS大内刈(GS0:46)△ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)
ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)○優勢[技有・背負投]△羽賀龍之介
オドバータル・ハンガル(モンゴル)○優勢[技有・内股]△ダニーロ・ハツォル(ウクライナ)
ウルフアロン○内股(3:46)△ダニエル・ヘルブスト(ドイツ)
マイケル・コレル(オランダ)○腕挫十字固(2:22)△ダニエル・ツォーン(ドイツ)
飯田健太郎○内股(0:15)△エリヘムバツ(中国)
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○袖釣込腰(0:39)△アーロン・ファラ(オーストリア)
シャディー・エルナハス(カナダ)○釣込腰(0:16)△ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)

【準々決勝】
ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)○大内刈(2:26)△ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)
ウルフアロン○優勢[技有・内股]△オドバータル・ハンガル(モンゴル)
飯田健太郎○GS技有・背負投(GS0:18)△マイケル・コレル(オランダ)
シャディー・エルナハス(カナダ)○払腰(1:33)△ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)

【敗者復活戦】
ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)○腕挫十字固(3:51)△オドバータル・ハンガル(モンゴル)
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○合技[袖釣込腰・崩上四方固](0:49)△マイケル・コレル(オランダ)

【準決勝】
ウルフアロン○優勢[技有・内股]△ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)
シャディー・エルナハス(カナダ)○合技[浮腰・崩袈裟固](3:57)△飯田健太郎

【3位決定戦】
飯田健太郎○合技[隅落・上四方固](0:43)△ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)
ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)○袖釣込腰(1:18)△ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)

【決勝】
ウルフアロン○合技[小外掛・大内刈](3:49)△シャディー・エルナハス(カナダ)

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級上位入賞者。左から2位のルカシュ・クルパレク、優勝のヘンク・フロル、3位の影浦心、タメルラン・バシャエフ。

(エントリー27名)

【入賞者】
1.GROL, Henk (NED)
2.KRPALEK, Lukas (CZE)
3.KAGEURA, Kokoro (JPN)
3.BASHAEV, Tamerlan (RUS)
5.NAIDAN, Tuvshinbayar (MGL)
5.ULZIIBAYAR, Duurenbayar (MGL)
7.OJITANI, Takeshi (JPN)
7.HEINLE, Sven (GER)

【日本代表選手結果】

影浦心(日本中央競馬会):3位
王子谷剛志(旭化成):7位
原沢久喜(フリー):2回戦敗退
小川雄勢(明治大4年):2回戦敗退

【1回戦】
ヘンク・フロル(オランダ)○出足払(0:33)△エネイ・マリニッチ(スロベニア)
原沢久喜○優勢[技有・隅落]△ユーリ・クラコヴェツキ(キルギスタン)
ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)○横四方固(1:42)△フレディ・フィゲロア(エクアドル)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○合技[背負投・崩上四方固](3:28)△ガリムジャン・クリクバイ(カザフスタン)
王子谷剛志○片手絞(0:44)△チェン・シェンミン(台湾)
小川雄勢○反則[指導3](3:18)△アンヘル・パラ(スペイン)
スヴェン・ハインル(ドイツ)○反則[指導3](3:05)△ラファエル・シウバ(ブラジル)
ユール・スパイカース(オランダ)○崩袈裟固(1:17)△フランシスコ・ソリス(チリ)
アンディー・グランダ(キューバ)○大内刈(3:55)△ダニエル・アレルストルフェル(オーストリア)
影浦心○GS技有・大内刈(GS0:11)△キム・ミンジョン(韓国)
ルスラン・シャハバゾフ(ロシア)○移腰(0:23)△イェラッシル・カジバエフ(カザフスタン)

【2回戦】
ヘンク・フロル(オランダ)○優勢[技有・隅落]△グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)
ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)○優勢[技有・外巻込]△原沢久喜
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○釣腰(2:45)△ステファン・ヘギー(オーストリア)
王子谷剛志○GS大外刈(GS0:36)△キム・スンミン(韓国)
ルカシュ・クルパレク(チェコ)○GS隅返(GS0:14)△小川雄勢
スヴェン・ハインル(ドイツ)○優勢[技有・内股]△ユール・スパイカース(オランダ)
ウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)○GS肩車(GS0:37)△アンディー・グランダ(キューバ)
影浦心○反則[指導3](3:49)△ルスラン・シャハバゾフ(ロシア)

【準々決勝】
ヘンク・フロル(オランダ)○反則[指導3](3:27)△ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○優勢[技有・袖釣込腰]△王子谷剛志
ルカシュ・クルパレク(チェコ)○片手絞(3:30)△スヴェン・ハインル(ドイツ)
影浦心○反則[指導3](2:38)△ウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)

【敗者復活戦】
ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)○反則[指導3](3:53)△王子谷剛志
ウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)○内股透(3:26)△スヴェン・ハインル(ドイツ)

【準決勝】
ヘンク・フロル(オランダ)○優勢[技有・支釣込足]△タメルラン・バシャエフ(ロシア)
ルカシュ・クルパレク(チェコ)○GS腕挫十字固(GS2:12)△影浦心

【3位決定戦】
影浦心○GS払巻込(GS2:05)△ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)
タメルラン・バシャエフ(ロシア)○GS背負投(GS1:27)△ウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)

【決勝】
ヘンク・フロル(オランダ)○優勢[技有・小内刈]△ルカシュ・クルパレク(チェコ)



撮影:乾晋也

※編集部が目視で作成しています。公式記録とは決まり技の判断に見解の相違がある場合がありますのでご了承ください。

※記事、記録の無断転載および転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.