PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]ウルフアロンが貫録の優勝、国内の競り合い続く90kg級は向翔一郎が制す・グランドスラム大阪2018最終日男子

(2018年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]ウルフアロンが貫録の優勝、国内の競り合い続く90kg級は向翔一郎が制す
グランドスラム大阪2018最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg級準決勝、ウルフアロンがラファエル・ブザカリニから左内股「技有」。

取材・文:eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

→グランドスラム大阪2018最終日男子全試合結果

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で行われているグランドスラム大阪2018は25日、最終日を迎え、男子は90kg級、100kg級、100kg超級の3階級が実施された。

100kg級は2017年ブダペスト世界選手権の覇者ウルフアロン(了徳寺学園職)が貫録の優勝。立ち上がりの2回戦こそキム・ジェユン(韓国)に「技有」を先行されたが背を抱えておいての左内股「一本」で逆転勝ちすると、以降も3戦連続で内股を決めて決勝に進出。決勝ではこの日の台風の目、世界ジュニア5位からジャンプアップのシャディー・エルナハス(カナダ)の変調の柔道にあっという間に対応、左小外掛「技有」、左大内刈「技有」と連取して優勝を決めた。準決勝までは技一撃の切れ味、決勝は戦術眼と攻守の引き出しの豊富さを見せつけ、貫録の勝利だった。

アジア大会王者の飯田健太郎(国士舘大2年)は3位。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.