PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]新井千鶴が優勝、2019年世界選手権代表に内定・グランドスラム大阪2018第2日女子

(2018年11月24日)

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]新井千鶴が優勝、2019年世界選手権代表に内定
グランドスラム大阪2018第2日女子(57kg級、63kg級、70kg級)
eJudo Photo
70kg級決勝、新井千鶴がアンナ・ベルンホルムから隅落「技有」

→グランドスラム大阪2018第2日女子全試合結果

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で行われているグランドスラム大阪2018は競技第2日目のきょう24日に女子3階級、男子2階級の競技が行われ、女子70kg級は新井千鶴(三井住友海上)が優勝した。

9月のバクー世界選手権で2年連続の金メダルを獲得している新井は終始落ち着いた柔道を披露。相性的に最大のライバルと目された大野陽子(コマツ)、アジア大会の覇者新添左季(山梨学院大4年)がともに中途で敗れたため日本人選手との対決はなく、準決勝はうるさいマルゴ・ピノ(フランス)をGS延長戦の隅落「技有」、決勝はアンナ・ベルンホルム(スウェーデン)をこれも隅落「技有」で破った。昨年は「(世界選手権代表の)内定を意識し過ぎた」と決勝で突如崩れて2位に終わった新井だが、今年はしっかり成長を見せつけた形となった。
新井は世界選手権と日本開催のグランドスラムを連勝したことで、来年8月に行われる東京世界選手権の日本代表に内定。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.