PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]大野将平が圧勝V、立川新と海老沼匡立て続けに投げで仕留める・グランドスラム大阪2018第2日男子

(2018年11月24日)

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]大野将平が圧勝V、立川新と海老沼匡立て続けに投げで仕留める
グランドスラム大阪2018第2日男子(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
73kg級準決勝、大野将平が立川新から内股「一本」

取材・文:eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

→グランドスラム大阪2018第2日男子全試合結果

グランドスラム大阪2018は24日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で第2日目の男子2階級、女子3階級の競技が行われた。

男子73kg級はリオデジャネイロ五輪金メダリスト大野将平(旭化成)が凄まじい仕上がりを見せて優勝。4試合連続の一本勝ちで準決勝に進むと、まず講道館杯3連覇中で今年の世界選手権では男女混合団体戦優勝の原動力となった立川新(東海大3年)と対峙。残り1秒、ケンカ四つの腰の切り合いに誘っておき、作用足を捩じ入るなり右内股一発「一本」。受けの強さがアイデンティティの強者・立川が吹っ飛ぶ珍しい場面に会場はどよめきにつつまれる。

決勝では4月の選抜体重別で苦杯を喫している海老沼匡(パーク24)と対峙、講道学舎の先輩であり、ともにリオ五輪を戦ったチームメイトと真っ向から激しい打ち合い。そして誰もがGS延長戦を意識した残り15秒、場外際に追い込まれた海老沼が放った左内股を待ち構えて隅落一撃、「技有」確保。この一発で優勝を決めた。

今年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ(優勝)での本格復帰以降、4月の全日本選抜体重別(3位)、8月のアジア大会(優勝)と着々仕上げられて来た大野のコンディションはここで閾値を越えた感あり。「本気の大野」の強さが会場を震撼させた1日だった。

男子81kg級は佐々木健志(筑波大4年)が優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.