PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大辻瑛美が優勝、強行出場の土井雅子は優勝逃すもフランセン破り3位確保・グランプリハーグ2018女子全階級結果

(2018年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
大辻瑛美が優勝、強行出場の土井雅子は優勝逃すもフランセン破り3位確保
グランプリハーグ2018女子全階級結果
eJudo Photo
57kg級決勝、大辻瑛美がルー・トンジュアンから腰車「技有」

IJFワールドツアー、11月に組まれた3大会の2戦目となるグランプリ・ハーグ大会が16日から18日までの3日間、オランダ・ハーグで62か国412名(男子242名、女子170名)が参加して行われた。

日本からは全日本実業個人選手権の優勝者8名(男子3名、女子5名)がエントリー、女子は57kg級で大辻瑛美(自衛隊体育学校)が優勝を飾った。大辻は持ち味であるパワフルな柔道で全試合一本勝ち。決勝ではルー・トンジュアン(中国)を右腰車「技有」からそのまま袈裟固で抑え込み合技「一本」(2:50)を奪った。

48kg級の坂上綾(三井住友海上)は準決勝でション・ヤオ(中国)を相手に、「技有」を取り合ってのGS延長戦で片襟の右背負投「一本」(5:21)を食って敗退。3位決定戦ではサビーナ・ギリアゾワ(ロシア)を横四方固「一本」(2:42)に仕留めて表彰台は確保した。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.