PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[記録]グランドスラム大阪2018・第1日男子2階級全試合結果(60kg級、66kg級)

(2018年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。
[記録]グランドスラム大阪2018・第1日男子2階級全試合結果
(60kg級、66kg級)
日時:2018(平成30)年11月23日
場所:丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級上位入賞者。左から2位のアブラゼ、優勝の永山竜樹、3位のキム・ウォンジンと大島優磨。

(エントリー35名)

【入賞者】
1.NAGAYAMA, Ryuju (JPN)
2.ABULADZE, Yago (RUS)
3.KIM, Won Jin (KOR)
3.OSHIMA, Yuma (JPN)
5.TAKABATAKE, Eric (BRA)
5.SHISHIME, Toru (JPN)
7.PELIM, Phelipe (BRA)
7.SMETOV, Yeldos (KAZ)

【日本代表選手結果】
永山竜樹(東海大4年):優勝
大島優磨(旭化成):3位
志々目徹(了徳寺学園職):5位
髙藤直寿(パーク24):2回戦敗退

【1回戦】
リウ・ウェンジ(中国)○隅落(1:54)△ダヴィド・プルクラベク(チェコ)
アルテム・レシュク(ウクライナ)○優勢[技有・巴投]△ジョシュア・カッツ(オーストラリア)
ヤゴ・アブラゼ(ロシア)○大内刈(2:39)△ユー・リアン(台湾)

【2回戦】
永山竜樹○優勢[技有・袖釣込腰]△ヤン・ユンウェイ(台湾)
オタル・ベスタエフ(キルギスタン)○浮落(2:47)△ディルメール・カルレー(ペルー)
フェリペ・ペリム(ブラジル)○合技[肩車・肩車](3:32)△リウ・ウェンジ(中国)
ヴァレンティン・アリピエフ(ブルガリア)○不戦△ダレン・エルコック(ガイアナ)
エリック・タカバタケ(ブラジル)○GS技有・一本背負投(GS2:39)△トルニケ・ツヤカドエア(オランダ)
キム・ジェヒョン(韓国)○合技[大外返・隅返](2:17)△トム・パパス(オーストラリア)
ルカ・ムヘイゼ(フランス)○不戦△ルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)
大島優磨○合技[体落・崩上四方固](1:30)△バヤラー・アマーツヴシン(モンゴル)
キム・ウォンジン(韓国)○GS反則[指導3](GS3:09)△高藤直寿
レニン・プレシアド(エクアドル)○袖車絞(3:20)△アルテム・レシュク(ウクライナ)
志々目徹○内股(1:02)△シティサーン・スックパサイ(ラオス)
ロベルト・アルメナレス(キューバ)○GS技有・払巻込(GS0:19)△ウーゴ・ベラ(チリ)
ヤゴ・アブラゼ(ロシア)○合技[隅落・谷落](3:01)△グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)
モリッツ・プラフキー(ドイツ)○小内刈(0:49)△モニス・ハウサウィ(サウジアラビア)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○腕挫十字固(1:03)△モハン・バム(ネパール)
マグサル・トグトフバヤル(モンゴル)○GS合技[小内巻込・肩車](GS2:40)△スウ・リロージ(中国)

【3回戦】
永山竜樹○背負投(2:32)△オタル・ベスタエフ(キルギスタン)
フェリペ・ペリム(ブラジル)○合技[小外掛・隅落](2:25)△ヴァレンティン・アリピエフ(ブルガリア)
エリック・タカバタケ(ブラジル)○GS合技[引込返・内股](GS0:23)△キム・ジェヒョン(韓国)
大島優磨○合技[背負投・崩上四方固](3:25)△ルカ・ムヘイゼ(フランス)
キム・ウォンジン(韓国)○反則[指導3](3:19)△レニン・プレシアド(エクアドル)
志々目徹○内股(2:35)△ロベルト・アルメナレス(キューバ)
ヤゴ・アブラゼ(ロシア)○合技[釣腰・釣腰](3:38)△モリッツ・プラフキー(ドイツ)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○腕挫十字固(1:13)△マグサル・トグトフバヤル(モンゴル)

【準々決勝】
永山竜樹○合技[背負投・背負投](2:23)△フェリペ・ペリム(ブラジル)
大島優磨○合技[体落・背負投](3:15)△エリック・タカバタケ(ブラジル)
キム・ウォンジン(韓国)○GS反則[指導3](GS2:15)△志々目徹
ヤゴ・アブラゼ(ロシア)○合技[外巻込・隅落](3:50)△イェルドス・スメトフ(カザフスタン)

【敗者復活戦】
エリック・タカバタケ(ブラジル)○優勢[技有・小内刈]△フェリペ・ペリム(ブラジル)
志々目徹○GS技有・隅落(GS1:12)△イェルドス・スメトフ(カザフスタン)

【準決勝】
永山竜樹○優勢[技有・隅返]△大島優磨
ヤゴ・アブラゼ(ロシア)○合技[隅落・小内刈](0:58)△キム・ウォンジン(韓国)

【3位決定戦】
キム・ウォンジン(韓国)○GS袖釣込腰(GS3:08)△エリック・タカバタケ(ブラジル)
大島優磨○GS反則[指導3](GS2:05)△志々目徹

【決勝】
永山竜樹○優勢[技有・裏投]△ヤゴ・アブラゼ(ロシア)

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級上位入賞者。左から2位の阿部一二三、優勝の丸山城志郎、3位のグリゴリアンとヨンドンペレンレイ・バスフー。

(エントリー37名)

1.MARUYAMA, Joshiro (JPN)
2.ABE, Hifumi (JPN)
3.GRIGORYAN, Aram (RUS)
3.YONDONPERENLEI, Baskhuu (MGL)
5.FUJISAKA, Taroh (JPN)
5.KHAMETOV, Islam (RUS)
7.SERIKZHANOV, Yerlan (KAZ)
7.MARGVELASHVILI, Vazha (GEO)

【日本代表選手結果】
丸山城志郎(ミキハウス):優勝
阿部一二三(日本体育大3年):2位
藤阪太郎(大阪府警察):5位
田川兼三(筑波大4年):2回戦敗退

【1回戦】
アラム・グリゴリアン(ロシア)○袖釣込腰(2:09)△ラン・サンチョ=チンチラ(コスタリカ)
ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)○GS反則[指導3](GS1:14)△コール・チャンドラー(アメリカ)
フアン・ポスティーゴス(ペルー)○袈裟固(0:28)△スラサク・プンタナム(タイ)
藤阪太郎○反則[指導3](2:51)△ミヒャエル・アダム(ドイツ)
イスラム・ハメトフ(ロシア)○GS合技[谷落・大内刈](GS0:29)△ジョアオ・クリソストモ(ポルトガル)

【2回戦】
阿部一二三○合技[背負投・大外落](1:52)△ネイソン・バーンス(アイルランド)
ルーカス・キエルバシンスキ(ポーランド)○裏投(2:32)△キム・リマン(韓国)
アラム・グリゴリアン(ロシア)○GS反則[指導3](GS5:50)△田川兼三
ネイサン・カッツ(オーストラリア)○足車(1:40)△アブドゥラー・アルファライディ(サウジアラビア)
ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)○GS隅落(GS0:18)△イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)
アルマズ・アルティンベク=ウウル(キルギスタン)○合技[内股・横四方固](2:05)△シュウゲン・ナカノ(フィリピン)
イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)○合技[背負投・隅落](3:59)△ホワン・シュヨンティン(台湾)
マニュエル・シャイベル(ドイツ)○優勢[技有・大内刈]△ジャコ・ヴァロア(カナダ)
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○足車(1:14)△フアン・ポスティーゴス(ペルー)
アラ・エル=イドリッシ(アメリカ)○反則[指導3](3:40)△レン・チュンテ(台湾)
パトリック・ヴァヴルズィチェク(ポーランド)○不戦△オスニエル・ソリス(キューバ)
藤阪太郎○内股(4:00)△ボグダン・イアドフ(ウクライナ)
イスラム・ハメトフ(ロシア)○優勢[技有・体落]△ガンボルド・ヘルレン(モンゴル)
マー・ドゥアンビン(中国)○合技[袖釣込腰・崩袈裟固](2:03)△ノーム・ティダール(オーストラリア)
丸山城志郎○内股(1:42)△シン・ホ(韓国)
ワンダー・マテオ(ドミニカ共和国)○GS反則[指導3](GS3:22)△アルチュール・テ(キルギスタン)

【3回戦】
阿部一二三○合技[袖釣込腰・小内刈](2:40)△ルーカス・キエルバシンスキ(ポーランド)
アラム・グリゴリアン(ロシア)○合技[袖釣込腰・袖釣込腰](2:55)△ネイサン・カッツ(オーストラリア)
ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)○優勢[技有・隅落]△アルマズ・アルティンベク=ウウル(キルギスタン)
イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)○横四方固(3:40)△マニュエル・シャイベル(ドイツ)
ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・体落]△アラ・エル=イドリッシ(アメリカ)
藤阪太郎○崩上四方固(2:23)△パトリック・ヴァヴルズィチェク(ポーランド)
イスラム・ハメトフ(ロシア)○合技[払巻込・抱分](1:37)△マー・ドゥアンビン(中国)
丸山城志郎○内股(2:43)△ワンダー・マテオ(ドミニカ共和国)

【準々決勝】
阿部一二三○背負投(0:29)△アラム・グリゴリアン(ロシア)
ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)○隅落(3:29)△イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)
藤阪太郎○合技[大内刈・崩上四方固](3:09)△ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)
丸山城志郎○合技[内股・内股](1:52)△イスラム・ハメトフ(ロシア)

【敗者復活戦】
アラム・グリゴリアン(ロシア)○隅返(2:57)△イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)
イスラム・ハメトフ(ロシア)○腕挫十字固(2:03)△ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)

【準決勝】
阿部一二三○背負投(2:24)△ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)
丸山城志郎○GS反則[指導3](GS1:55)△藤阪太郎

【3位決定戦】
アラム・グリゴリアン(ロシア)○袖釣込腰(3:21)△藤阪太郎
ヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)○合技[内股・大外落](3:21)△イスラム・ハメトフ(ロシア)

【決勝】
丸山城志郎○GS技有・巴投(GS1:03)△阿部一二三

撮影:辺見真也

※編集部が目視で作成した記録です。公式記録とは決まり技の判断に見解の相違がある場合がありますのでご了承ください。

※記事、記録の無断転載および転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.