PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]丸山城志郎が阿部一二三破って優勝、60kg級は永山竜樹が制す・グランドスラム大阪2018第1日男子

(2018年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]丸山城志郎が阿部一二三破って優勝、60kg級は永山竜樹が制す
グランドスラム大阪2018第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
66kg級決勝、丸山城志郎が阿部一二三から巴投「技有」

取材・文:eJudo編集部
撮影:乾晋也/辺見真也

日本で行われる年間唯一のIJFワールドツアー大会、グランドスラム大阪2018が23日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で開幕。初日は男女軽量2階級ずつの競技が行われた。

男子66kg級は丸山城志郎(ミキハウス)が優勝。決勝は世界選手権2連覇中で今大会で2019年東京世界選手権代表内定を狙う阿部一二三(日本体育大3年)を得意の左内股の威力を晒して下げ続け、GS延長戦にこの左内股から繋いだ両脚の巴投「技有」で勝負を決めた。丸山はこれがグランドスラム大会初優勝、ワールドツアー大会は2016年グランプリ・アルマティ、ことし5月のグランプリ・フフホトに続く3度目の優勝。

4月の全日本選抜体重別を制した丸山は8月のアジア大会では決勝で敗れ、続く講道館杯も直前に膝の負傷で欠場してこの大会に捲土重来を期していた。試合後は報道陣の質問に答えて「実績では先を行かれているが、組んだ感触では、自分が負ける相手ではないと思っていた」と自信にあふれた様子で対阿部戦を振り返り、「勝ったここからがスタート」と五輪代表争いに手ごたえを感じている様子だった。

阿部にとって丸山は2015年講道館杯で敗れリオ五輪の夢を砕かれた因縁の相手。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.