PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝比奈沙羅と素根輝の東京五輪掛けたライバル対決に注目、78kg級はベスト8で世界王者濵田尚里が髙山莉加を迎え撃つ・グランドスラム大阪2018最終日女子プレビュー

(2018年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。
朝比奈沙羅と素根輝の東京五輪掛けたライバル対決に注目、78kg級はベスト8で世界王者濵田尚里が髙山莉加を迎え撃つ
グランドスラム大阪2018最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
バクー世界選手権を制した濵田尚里

■78kg級・トーナメントの中心は日本勢、濵田尚里と髙山莉加がベスト8で激突

(エントリー18名)

当初エントリーしていた世界選手権2度優勝のマイラ・アギアール(ブラジル)が直前で出場を回避。ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)やカリエマ・アントマルチ(キューバ)、クララ・アポテカー(スロベニア)ら第2グループの強豪は参加しているものの、海外勢唯一の大物を欠いたことでトーナメントの比重は一気に日本勢による序列争いへと傾いた。

日本勢の配置はトーナメントの上側に集中しており、準々決勝で濵田尚里(自衛隊体育学校)と髙山莉加(三井住友海上)、その勝者が準決勝で講道館杯の覇者・梅木真美(ALSOK)と対戦予定。アジア王者の佐藤瑠香(コマツ)は唯一人反対側の山に配される幸運を得たが、バクー世界選手権王者で今大会に東京世界選手権の内定が懸かる濵田は、優勝するために3名全員と戦わねばならない最も過酷な位置に置かれてしまった。

最注目カードはもちろん濵田と髙山による準々決勝。今シーズンの戦いぶりを見る限りこの両者が実力における世界のトップ2であり、ここが事実上の決勝と考えて良いだろう。準々決勝で当たってしまうことが少々もったいないが、シーズンを締めくくるにふさわしい熱戦を見せてくれるはずだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.