PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

57kg級は世界選手権を越える豪華陣容、63kg級は田代未来が新時代の地固めに臨む・グランドスラム大阪2018第2日女子プレビュー

(2018年11月24日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
57kg級は世界選手権を越える豪華陣容、63kg級は田代未来が新時代の地固めに臨む
グランドスラム大阪2018第2日女子プレビュー(57kg級、63kg級、70kg級)
eJudo Photo
世界選手権を制した芳田司

文責:林さとる/古田英毅

■57kg級・階級の主役が一同に会した超豪華トーナメント、玉置桃と出口クリスタが王者芳田司への挑戦権を賭け準々決勝で激突

(エントリー31名)

世界選手権を越えるレベルで強豪が集った超豪華トーナメント。現役世界王者の芳田司(コマツ)を筆頭に、ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)とラファエラ・シウバ(ブラジル)の世界チャンピオン経験者3名、さらに今季主役級の活躍を見せている出口クリスタ(カナダ)と玉置桃(三井住友海上)までもが一同に顔を揃えた。この5名以外にも世界大会表彰台クラスの強豪が数多く来日しており、序盤戦から目が離せない注目カードが目白押し。代表争いという意味では芳田の東京世界選手権内定が懸かる大会なのだが、それがサブテーマに追いやられてしまうほどに魅力的な陣容となっている。

トーナメントの比重は上側の山に偏っており、芳田とシウバ、出口と玉置がそれぞれベスト8でマッチアップする。特に芳田への挑戦権を賭けた出口と玉置の大会はファン必見の最注目カード。5月のフフホト大会では出口が大外落「一本」で勝利しているものの、以降逞しさを増した玉置は8月のアジア大会を素晴らしい内容で制しており、リベンジの可能性も十分だ。

優勝候補の芳田は直下に所属の先輩レン・チェンリン(台湾)が配されており、ここが最初の山場となっている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.