PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

最注目はスター揃い踏みの100kg級、新王者ツシシヴィリ参戦の100kg超級と日本勢に個性派揃った90kg級も必見・グランドスラム大阪2018最終日男子プレビュー

(2018年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
最注目はスター揃い踏みの100kg級、新王者ツシシヴィリ参戦の100kg超級と日本勢に個性派揃った90kg級も必見
グランドスラム大阪2018最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
講道館杯では五輪を彷彿とさせる勝負強さを見せたベイカー茉秋

文責:林さとる/eJudo編集部

■90kg級・バクー銀メダリストのシウバ=モラレスが参戦、迎え撃つ日本勢はベイカー茉秋ら強力布陣

(エントリー39名)

リオデジャネイロ五輪以降、81kg級と同様に混戦模様が日に日に強まる本階級。海外勢の顔ぶれは決して豪華とは言い難いが、第1シードに入ったバクー世界選手権2位のイワン=フェリペ・シウバ=モラレス(キューバ)を筆頭に、ブダペスト世界選手権王者のネマニャ・マイドフ(セルビア)と同2位のミカイル・オゼルレル(トルコ)、大物食いが売りのエドゥアルド・トリッペル(ドイツ)らいずれも一癖ある面白い選手が顔を揃えた。

迎え撃つ日本勢は、リオデジャネイロ五輪金メダリストで講道館杯を抜群の出来で制した勝負師ベイカー茉秋(日本中央競馬会)、片手背負投を中心とした技一撃の威力が売りの2017年世界ジュニア選手権王者・田嶋剛希(筑波大3年)、ここ一番での爆発力で勝負する今年のグランドスラム・パリの覇者・向翔一郎(ALSOK)、講道館杯で高校生ながら大躍進の3位入賞を果たした大器・村尾三四郎(桐蔭学園高3年)と、個性派打ち揃った魅力的な布陣。実力だけでなく柔道そのもので魅せることの出来る選手たちが揃っており、勝敗を越えて見ごたえのある戦いを見せてくれるはずだ。ファンには存分に柔道の妙味、その大きな魅力である勝ちに至るルートの多様さを味わってもらいたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.