PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大野将平がいよいよ本格始動、豪華陣容の81kg級は出直し図る永瀬貴規と佐々木健志に注目・グランドスラム大阪2018第2日男子プレビュー

(2018年11月24日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
大野将平がいよいよ本格始動、豪華陣容の81kg級は出直し図る永瀬貴規と佐々木健志に注目
グランドスラム大阪2018第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
アジア大会に優勝、いよいよ五輪に向けてコンディションを上げて来た大野将平

文責:林さとる/eJudo編集部

■73kg級・東京五輪に向けて本格始動の大野将平に注目、対抗馬は海老沼匡と立川新

(エントリー42名)

バクー世界選手権銀メダリストの橋本壮市(パーク24)が本番直前に欠場を発表、同大会で負傷した左腕と右目が癒えず今大会への出場を見送ることとなった。これによって本階級の一大テーマであった大野将平(旭化成)と橋本によるライバル対決は次回以降に持ち越し、それに変わって国内一番手への返り咲きを期す大野にそれ以外の選手が挑むという新たな構図ができあがった。

大野は今年2月のグランドスラム・デュッセルドルフを圧勝で制して本格的に競技に復帰。4月の選抜体重別選手権では海老沼匡(パーク24)に内股で2度投げられて敗れているものの、おそらく五輪後初めてフルコンディションで参加した8月のアジア大会では直後にバクー世界選手権で王者となるアン・チャンリン(韓国)を下して優勝を飾っている。橋本が世界選手権の決勝でアンに敗れていることもあり、序列上も現在の両者の差はごく僅か。大野としては橋本不在の今大会に勝利して一気にアドバンテージを得たいところだ。

今大会に大野を脅かすような海外勢はエントリーしておらず、対抗馬は高校の先輩で抜群の投げの威力を持つ海老沼と、これまで数多くの試合で相手の良さを塗り潰して勝利してきた立川新(東海大3年)の2名。ドローの結果、大野は準決勝で立川、決勝で海老沼とそれぞれ対戦することとなった。

ライバルの橋本が欠場となった以上、この過酷な大会に大野が出場する意味はあまりないように思われるが、橋本は12月に行われるワールドマスターズへの出場を示唆しており、同大会への出場権を持たない大野としては是が非でもここで実績を積んでおきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.