PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

52kg級は阿部詩、志々目愛、角田夏実が三つ巴の激戦、48kg級の近藤亜美は試練の配置・グランドスラム大阪2018第1日女子プレビュー

(2018年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
52kg級は阿部詩、志々目愛、角田夏実が三つ巴の激戦、48kg級の近藤亜美は試練の配置
グランドスラム大阪2018第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級)
eJudo Photo
昨年の世界王者、今年も世界選手権代表を務めた渡名喜風南

文責:林さとる/古田英毅

■48kg級・トーナメント下側に日本勢が密集、捲土重来を期す近藤亜美は国内ライバルと連戦

(エントリー19名)

本大会の常連であったジョン・ボキョン(韓国)とガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)の強者2名がともに出場を回避。例年の豪華な顔ぶれと比べると少し寂しい、心なしか階級の中心が日本勢からダリア・ビロディド(ウクライナ)に移ったことを感じさせる陣容となった。

ドロー結果は相当に偏っており、トーナメントの上側に有力な海外勢、下側に日本勢が固まって詰め込まれている。特に近藤亜美(三井住友海上)と遠藤宏美(ALSOK)が置かれたプールDが過酷、この2人はベスト8で互いに潰し合ったうえで、準決勝で渡名喜風南(パーク24)と戦わねばならない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.