PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

髙藤直寿と阿部一二三の世界王者2人が登場、国内のライバルが世界選手権内定阻止に挑む・グランドスラム大阪2018第1日男子プレビュー

(2018年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
髙藤直寿と阿部一二三の世界王者2人が登場、国内のライバルが世界選手権内定阻止に挑む
グランドスラム大阪2018第1日男子プレビュー
eJudo Photo
素晴らしい内容で9月の世界選手権を制した髙藤直寿

文責:林さとる/古田英毅

■60kg級・髙藤直寿と永山竜樹のライバル対決が一大テーマ、厳しい配置引いた髙藤は初戦でキム・ウォンジンと対戦

(エントリー35名)

髙藤直寿(パーク24)と永山竜樹(東海大4年)によるライバル対決が、階級最大のテーマ。バクー世界選手権を制した髙藤は今大会に優勝すれば来年の東京世界選手権の内定を手にすることとなり、もしそうなれば東京五輪の代表レースは早くも、限りなく終戦に近い状況となる。永山としてはなんとしても髙藤を止めてこれを阻止せねばならない。本番の2年前ながら2020年東京五輪代表争いの、きょうがまさしく天王山だ。

現時点での両者の世界ランクは永山が1位、髙藤が2位。これを反映する形で永山が第1シードでプールA、髙藤が第2シードでプールCにそれぞれ振り分けられた。

というわけで両雄の激突は決勝。左小内刈を中心に据えた安定した戦法に加えて、リスク覚悟で一気にアクセルを踏み込むスクランブルのモードを高いレベルで調和させた王者髙藤と、階級随一の怪力と短い手足が生み出す回転力で強烈な技を連発する永山、これまでの直接対決はすべて「投げ合い」。「ゼニが取れる」と思わず表現したくなるスリリングな戦いばかり。どちらが勝つにせよ、面白い試合になることだけは間違いない。

両者のドロー結果は対象的。永山が大島優磨(旭化成)と対戦する準決勝まで強敵との対戦がないのに対して、髙藤は初戦(2回戦)から今大会でIJFワールドツアー復帰を遂げた世界選手権銅メダル3回のキム・ウォンジン(韓国)、1試合空けて準々決勝で志々目徹(了徳寺学園職)、準決勝で2015年の世界王者イェルドス・スメトフ(カザフスタン)と、決勝に辿り着くまでに世界大会決勝レベルの戦いを3つくぐり抜けねばならない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.