PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第65回

(2018年11月12日)

※ eJudoメルマガ版11月12日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第65回
柔の形というものを作って、道場もなく稽古衣も入らず教師も要せずただ文字上の説明と図解だけで一通り出来る方法を設けた。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道会の事業」 柔道1巻5号 大正4年5月
(『嘉納治五郎大系』1巻124頁)
 
講道館柔道の修行方法には、「乱取」「形」「講義」「問答」の4つがあると師範は述べています。

そのうち、実技については「乱取」と「形」の2つが主になりますが、講道館のホームページによると、現在、主に行われている「形」は8つとされています。そのうちの7つが、段位毎に修得すべき形としてそれぞれの段位に配されています。
 今回の「ひとこと」で出てくる「柔の形」は、一教から三教まで各教5本、合計15本となる形ですが、現在は四段になる際、修得すべき形とされています。

この「柔の形」、当身技に投技、固技と、全て分野の技を含み(※1)、他の形には見られない<相手を投げない><道衣を握らない>という特徴があります。これは道場や稽古衣を必要としないようにするためです。
道場でないところで投げられたら怪我をしますし、怪我をしないまでも、痛みを感じることによって、柔道が嫌になるかも知れません。年代によっては、投げられるという行為自体がダメな人もいるでしょう。また、稽古衣についても、買うことが大変かもしれませんし、着替える場所や時間も必要です。そういったことを避けるための工夫と言えるでしょう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.