PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム大阪2018代表選手発表、国際大会の成績優先でサプライズは僅少

(2018年11月4日)

※ eJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム大阪2018代表選手発表、国際大会の成績優先でサプライズは僅少
eJudo Photo
発表会見に臨む井上康生男子代表監督、金野潤強化委員長、増地克之女子代表監督。

全日本柔道連盟は4日、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会の終了後に開かれた強化委員会で、グランドスラム大阪((11月23日~25日、丸善インテックアリーナ大阪)の日本代表選手を選抜、即日発表した。

期報の通り、バクー世界選手権代表とアジア大会優勝者は既に同大会の出場権を獲得済み。「講道館杯の優勝者は必ず出場権を獲得」との内規に則りさらに1名を追加、残りの枠は今大会を含めた1年間の成績を総合的に評価して決定された。

この講道館杯で初戦敗退の81kg級の永瀬貴規(旭化成)、同2戦目(3回戦)で敗退の佐々木健志(筑波大4年)、怪我で欠場した66kg級の丸山城志郎(ミキハウス)も無事選出。結果として国際大会の成績が優先されることとなり、78kg超級の4枠目(稲森奈見・三井住友海上)を除けば意外な選考はほぼなかった。

81kg級の世界選手権銀メダリスト・藤原崇太郎(日本体育大2年)は10月21日の全日本学生柔道体重別団体優勝大会で肘を脱臼、年内は治療に専念することとなり今大会は選考されなかった。

日本代表選手のリストは下記。

【男子60kg級】
髙藤直寿(パーク24)
永山竜樹(東海大4年)
大島優磨(旭化成)
志々目徹(了徳寺学園職)

【男子66kg級】
阿部一二三(日本体育大3年)
丸山城志郎(ミキハウス)
田川兼三(筑波大4年)
藤阪太郎(大阪府警察)

【男子73kg級】
橋本壮市(パーク24)
大野将平(旭化成)
立川新(東海大3年)
海老沼匡(パーク24)

【男子81kg級】
佐々木健志(筑波大4年)
小原拳哉(パーク24)
佐藤正大(自衛隊体育学校)
永瀬貴規(旭化成)

【男子90kg級】
長澤憲大(パーク24)
ベイカー茉秋(日本中央競馬会)
向翔一郎(ALSOK)
田嶋剛希(筑波大3年)

【男子100kg級】
ウルフアロン(了徳寺学園職)
飯田健太郎(国士舘大2年)
熊代佑輔(ALSOK)
羽賀龍之介(旭化成)

【男子100kg超級】
原沢久喜(フリー)
小川雄勢(明治大4年)
影浦心(日本中央競馬会)
王子谷剛志(旭化成)

【女子48kg級】
渡名喜風南(パーク24)
芳田真(比叡山高3年)
近藤亜美(三井住友海上)
遠藤宏美(ALSOK)

【女子52kg級】
阿部詩(夙川学院高3年)
志々目愛(了徳寺学園職)
角田夏実(了徳寺学園職)
前田千島(三井住友海上)

【女子57kg級】
芳田司(コマツ)
玉置桃(三井住友海上)
富沢佳奈(東海大1年)
舟久保遥香(三井住友海上)

【女子63kg級】
田代未来(コマツ)
鍋倉那美(三井住友海上)
土井雅子(JR東日本)
能智亜衣美(了徳寺学園職)

【女子70kg級】
新井千鶴(三井住友海上)
大野陽子(コマツ)
新添左季(山梨学院大4年)
田中志歩(環太平洋大2年)

【女子78kg級】
濵田尚里(自衛隊体育学校)
佐藤瑠香(コマツ)
梅木真美(ALSOK)
髙山莉加(三井住友海上)

【女子78kg超級】
朝比奈沙羅(パーク24)
素根輝(南筑高3年)
秋場麻優(環太平洋大3年)
稲森奈見(三井住友海上)

※ eJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.