PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

五輪王者ベイカー茉秋が初優勝で復活の狼煙、最重量級は影浦心が制す・平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会最終日男子

(2018年11月4日)

※ eJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。
五輪王者ベイカー茉秋が初優勝で復活の狼煙、最重量級は影浦心が制す
平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会最終日男子(90kg級、100k級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級決勝、ベイカー茉秋が田嶋剛希の左大外刈を谷落で返して2つ目の「技有」

2019年世界選手権日本代表の一次選考会、3週間後に迫ったグランドスラム大阪(11月23日~25日、丸善インテックアリーナ大阪)代表の選考会を兼ねる平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会は4日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で最終日の男子3階級、女子4階級の競技が行われた。

男子90kg級はリオデジャネイロ五輪銅メダリストのベイカー茉秋(日本中央競馬会)が5戦して4つの一本勝ちという素晴らしい出来で初優勝。決勝では昨年の世界ジュニア王者で今期の学生体重別を制して勢いに乗っている田嶋剛希(筑波大3年)と対戦、序盤に一本背負投で「技有」を失ったが、残り33秒で大内刈「技有」を奪い返して追いつき、GS延長戦49秒に田嶋の大外刈を返して「技有」を獲得、合技の一本勝ちで優勝を決めた。ベイカーはこれが講道館杯初優勝、五輪後はあらゆる大会を通じて初めてのタイトル獲得。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.