PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

73kg級で立川新が3連覇、大荒れ81kg級は小原拳哉が制す・平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子

(2018年11月3日)

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。
73kg級で立川新が3連覇、大荒れ81kg級は小原拳哉が制す
平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、立川新が海老沼匡から大外返「一本」

取材:eJudo編集部
撮影:辺見真也

2019年東京世界選手権の第一次選考会を兼ねる平成30年度講道館杯全日本柔道体重別大会がきょう2日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕。

初日は男子軽量4階級、女子重量3階級の競技が行われ、男子は60kg級で大島優磨(旭化成)、66kg級で藤阪太郎(大阪府警察)、81kg級で小原拳哉(パーク24)がそれぞれ初優勝を飾った。73kg級は立川新(東海大3年)が3連覇を果たした。

60kg級の大島は第2シードで大会をスタート、決勝では第1シードのアジア大会代表・志々目徹(了徳寺学園職)と総試合時間10分に迫る消耗戦を繰り広げ、横四方固「一本」で勝利した。この階級の世界ジュニアを制した古賀玄暉(日本体育大2年)は初戦で竪山将(パーク24)に崩上四方固「一本」で屈した。

66kg級の藤阪は難敵ばかりの難しい山を、次々投げを決めて快進撃。決勝は2年ぶりの優勝を狙う磯田範仁(国士舘大教)の左内股の戻りに右小外刈を合わせて鮮やか「一本」。嬉しい初優勝を決めた。第1シードのアジア大会代表・丸山城志郎(ミキハウス)は期報の通り負傷で欠場、第2シードの田川兼三(筑波大4年)は、3回戦で藤阪泰恒(國學院大4年)にGS延長戦の腰車「一本」で敗れた。

81kg級はグランドスラム大阪への進出を期待された優勝候補が次々敗退する波乱の展開。第1シードのアジア大会代表・佐々木健志(筑波大4年)は3回戦で長島啓太(日本中央競馬会)に小内刈を透かされ浮落「技有」で陥落、リオデジャネイロ五輪銅メダリストの永瀬貴規(旭化成)は初戦で春山友紀(自衛隊体育学校)に「指導3」で敗れ、対抗馬と目された丸山剛毅(パーク24)も初戦で佐藤佑樹(山形刑務所)に隅返「技有」で苦杯。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.