PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望④最終日女子(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)

(2018年11月2日)

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。
平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望④最終日女子
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
eJudo Photo
世界王座を狙う立場の近藤亜美、新シーズンは講道館杯からの出場となった。

文責:林さとる/eJudo編集部

■48kg級 最注目は再出発期す近藤亜美、強豪多数のハイレベル陣容がこれを迎え撃つ
(エントリー32名)

グランドスラム大阪進出決定選手:渡名喜風南(パーク24)
グランドスラム大阪出場権残枠:「3」

グランドスラム大阪の出場枠は3つ。優勝候補は第1シードの近藤亜美(三井住友海上)だ。近藤は本来ならば渡名喜風南(パーク24)とともに世界の頂点を目指す立場にある選手だが、アジア大会では決勝で苦手としているジョン・ボキョン(韓国)に敗れて再びこの講道館杯ステージに降りてくることとなった。とはいえ正味の立ち位置は他を引き離した国内2番手、実質的にはある程度勝ち上がればグランドスラム大阪の出場権を得ることが可能だろう。しかし、渡名喜との代表争い、そして世界王者ダリア・ビロディド(ウクライナ)への挑戦を考えたときにここで躓くことは許されないはず。確実に優勝して本来のステージへの復帰を果たしたい。

本階級は層が厚く、昨年のベスト4である遠藤宏美(ALSOK)、山﨑珠美(自衛隊体育学校)、田中芽生(龍谷大4年)、森﨑由理江(宮崎大教)を筆頭に、坂上綾(三井住友海上)、常見海琴(コマツ)、小倉葵(環太平洋大3年)らも実力者が揃っている。いかに近藤と言えども一筋縄に勝てる陣容ではなく、特に準々決勝以降は全試合が決勝レベルと考えるべきだろう。

【Aブロック】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.