PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望③最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2018年11月2日)

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。
平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望③最終日男子
(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
第1シードはベイカー茉秋。アジア大会では肩の負傷を抱えたまま銅メダルを獲得した。

文責:古田英毅/eJudo編集部

■90kg級 ベイカー茉秋が第1シード、向翔一郎、田嶋剛希らが出世に目を光らす
(エントリー32名)

グランドスラム大阪進出決定選手:長澤憲大 (パーク24)
グランドスラム大阪出場権残枠:「3」

バクー世界選手権で銅メダルを獲得した長澤憲大が形上1番手を走っているものの、絶対のリードとまでは言い難い状況。実質的にはリオ五輪後の「リセット」が掛かったままの状態であり、男子7階級でもっともこの先の展開が見えない階級である。グランドスラム大阪への進出枠も最大限である「3」が残されており、これぞという選手がいずれも東京五輪を狙って目を光らせる、サバイバル状態が続いている。

今大会の優勝候補として挙げられるのは第1シードのアジア大会代表・ベイカー茉秋(日本中央競馬会)と第2シードでバクー世界選手権では団体戦で活躍した向翔一郎(ALSOK)。これに学生体重別を全試合一本勝ちで制し、癖のある担ぎ技という対海外選手向けの明確な武器を持つ田嶋剛希(筑波大)、実業個人を制した前田宗哉(自衛隊体育学校)、全日本選手権の主役・加藤博剛(千葉県警察)が絡み、新人枠の村尾三四郎(桐蔭学園高3年)がこの厚い陣容に挑むというのが大枠の構図。有力候補であった渡邊勇人(了徳寺学園職)、さらに田嶋同様海外に通じる癖のある担ぎを持った全日本ジュニア王者増山香補(明治大2年)が負傷でトーナメントから抜けてなお、この役者の揃いっぷり。みどころだらけの階級である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.