PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望②第1日女子(70kg級、78kg級、78kg超級)

(2018年11月2日)

※ eJudoメルマガ版11月1日掲載記事より転載・編集しています。
平成30年度講道館杯全日本体重別選手権大会展望②第1日女子
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
70kg級の第1シードは田中志歩

文責:林さとる/eJudo編集部

■70kg級・強豪多数の激戦階級、若手選手の出世争いに注目
(エントリー30名)

グランドスラム大阪進出決定選手:新井千鶴(三井住友海上)、大野陽子(コマツ)、新添左季(山梨学院大4年)
グランドスラム大阪出場権残枠:「1」

東京五輪の代表争いでは世界選手権を2連覇した新井千鶴(三井住友海上)が他の選手を一歩も二歩もリードしている状況。新井は国内大会、とりわけ大野陽子(コマツ)を苦手としているが、仮に直接対決で敗れることがあっても簡単に序列上の差が埋まることはないだろう。現在のところこの2名にアジア王者の新添左季(山梨学院大4年)を加えたところまでが東京五輪の代表争い圏内。今大会の参加者にあと2年(厳密には1年半)でここに割って入るような選手は見当たらず、となれば若手選手による出世争いが本階級の主な観戦ポイントと考えて良いだろう。

グランドスラム大阪の出場権は既に上記の3名に与えられており、残る枠は僅か1つ。今大会には昨年大会2位の田中志歩(環太平洋大2年)を筆頭に、西願寺里保(コマツ)、朝飛七海(桐蔭横浜大1年)、新森涼(コマツ)、嶺井美穂(桐蔭横浜大3年)、池絵梨菜(国士舘大4年)、青柳麗美(環太平洋大3年)、杉山歌嶺(桐蔭横浜大3年)と、めぼしい名前を挙げるだけでもこれだけの若手選手が出場している。このなかから誰がその椅子に座るのか。それともヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)、前田奈恵子(JR東日本)らベテラン勢が改めて存在感を示すのか。五輪の代表争いという意味では見どころが少ないものの、トーナメントのレベル自体は7階級のなかでも随一。多くの熱戦が見られるはずだ。

【Aブロック】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.