PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[記録]グランドスラムアブダビ2018・第2日男子結果(73kg級、81kg級)

(2018年10月29日)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。
[記録]グランドスラムアブダビ2018・第2日男子結果(73kg級、81kg級)
2018年10月28日(日)、於アブダビ(アラブ首長国連邦)

※記録はeJudo編集部の目視で起こしています。技名称の判定については、公式記録と見解の相違がある場合がありますのでご了承ください。
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています。
※記事(記録)の無断転載、転用を禁じます。

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級メダリスト。左からヤコヴァ、シャヴダトゥアシヴィリ、マシアス、モグシコフ。

(エントリー42名)

【入賞者】
1.SHAVDATUASHVILI, Lasha (GEO)
2.GJAKOVA, Akil (KOS)
3.MACIAS, Tommy (SWE)
3.MOGUSHKOV, Musa (RUS)
5.GANBAATAR, Odbayar (MGL)
5.KHOMULA, Artem (UKR)
7.TURAEV, Khikmatillokh (UZB)
7.AMANOV, Ishen (KGZ)

【1回戦】
ヤクブ・イェクミネク(チェコ)○引込返(3:49)△フリドン・ギガニ(ジョージア)
クリストファー・ヴァグナー(オーストリア)○合技[大内刈・横四方固](3:49)△ユリアン・ペアティコフスキ(モルドバ)
アルセン・ガザリャン(アルメニア)○合技[送足払・隅返](3:59)△ベカディル・シャイメルデノフ(カザフスタン)
ミルゾジャミル・ラマゾノフ(タジキスタン)○反則[DH](0:58)△アブドゥラー・アルファライディ(サウジアラビア)
※所謂「ヘッドディフェンス」による
ヒクマティロフ・ツラエフ(ウズベキスタン)○優勢[技有・背負投]△ジョルジオス・アゾイディス(ギリシャ)
オスカル・ペルテルソン(エストニア)○合技[引込返・袖釣込腰](1:19)△エイアル=サルマン・ヨウニス(ヨルダン)
アフメド・エル=メジアティ(モロッコ)○合技[内股・一本背負投](2:47)△ラフマツロベク・ファルホドフ(タジキスタン)
ヴィクター・スクヴォトフ(UAE)○腕挫十字固(0:30)△ルカス・フェンネコルド(ドイツ)
ディルク・ファンティシェル(ベルギー)○GS反則[指導3](GS2:03)△ジョルジ・フェルナンデス(ポルトガル)
シウ・リガン(中国)○GS技有・肩車(GS3:50)△アレクサンダー・ターナー(アメリカ)

【2回戦】
ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)○内股(3:18)△ヤクブ・イェクミネク(チェコ)
テルマン・ワリエフ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・横四方固]△ヌーノ・サライヴァ(ポルトガル)
ムサ・モグシコフ(ロシア)○合技[隅落・小内刈](2:01)△クリストファー・ヴァグナー(オーストリア)
アルセン・ガザリャン(アルメニア)○合技[隅返・縦四方固](1:55)△チン・ダガ(中国)
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○GS反則[指導3](GS0:50)△ミルゾジャミル・ラマゾノフ(タジキスタン)
イゴール・ヴァンドケ(ドイツ)○腰車(3:27)△サム・ファンテヴェステンデ(オランダ)
ヒクマティロフ・ツラエフ(ウズベキスタン)○背負投(0:51)△モハマド・モハマディ(イラン)
トミー・マシアス(スウェーデン)○合技[小外刈・小外掛](3:22)△アフメド・エル=メジアティ(モロッコ)
ルカス・ライター(オーストリア)○合技[大内刈・引込返](2:17)△ヴィクター・スクヴォトフ(UAE)
ディルク・ファンティシェル(ベルギー)○GS反則[指導3](GS6:06)△フェルディナンド・カラペティアン(アルメニア)
イシェン・アマノフ(キルギスタン)○内股(2:36)△リー・クォクウィン(香港)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○大内刈(0:32)△土井健史
シウ・リガン(中国)○片手絞(1:30)△アブドゥレラー・アルバリ(サウジアラビア)
トハル・ブトブル(イスラエル)○優勢[技有・背負投]△ニコラ・ガルダセヴィッチ(モンテネグロ)
アルテム・ホムラ(ウクライナ)○内股(3:50)△フェイ・ヌジエ(ガンビア)

【3回戦】
ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)○優勢[技有・一本背負投]△テルマン・ワリエフ(アゼルバイジャン)
ムサ・モグシコフ(ロシア)○合技[小外刈・横四方固](3:20)△アルセン・ガザリャン(アルメニア)
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○反則[指導3](2:10)△イゴール・ヴァンドケ(ドイツ)
ヒクマティロフ・ツラエフ(ウズベキスタン)○合技[隅落・浮技](3:04)△オスカル・ペルテルソン(エストニア)
トミー・マシアス(スウェーデン)○合技[一本背負投・大内刈](1:50)△ルカス・ライター(オーストリア)
イシェン・アマノフ(キルギスタン)○GS技有・内股(GS0:21)△ディルク・ファンティシェル(ベルギー)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○合技[大内刈・縦四方固](1:52)△シウ・リガン(中国)
アルテム・ホムラ(ウクライナ)○優勢[技有・小外掛]△トハル・ブトブル(イスラエル)

【準々決勝】
ムサ・モグシコフ(ロシア)○合技[小内刈・隅返](3:13)△ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○優勢[技有・膝車]△ヒクマティロフ・ツラエフ(ウズベキスタン)
トミー・マシアス(スウェーデン)○合技[隅落・谷落](1:45)△イシェン・アマノフ(キルギスタン)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○合技[浮落・大内刈](1:43)△アルテム・ホムラ(ウクライナ)

【敗者復活戦】
ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)○合技[小内巻込・一本背負投](3:30)△ヒクマティロフ・ツラエフ(ウズベキスタン)
アルテム・ホムラ(ウクライナ)○反則[DH](0:51)△イシェン・アマノフ(キルギスタン)
※所謂「ヘッドディフェンス」による

【準決勝】
アキル・ヤコヴァ(コソボ)○GS技有・内股(GS1:23)△ムサ・モグシコフ(ロシア)
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○合技[外巻込・大内刈](3:12)△トミー・マシアス(スウェーデン)

【3位決定戦】
トミー・マシアス(スウェーデン)○合技[横掛・横掛](2:35)△ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)
ムサ・モグシコフ(ロシア)○小内刈(0:42)△アルテム・ホムラ(ウクライナ)

【決勝】
ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・内股透]△アキル・ヤコヴァ(コソボ)

【日本代表選手勝ち上がり】

土井健史
成績:2回戦敗退


[2回戦]
土井健史△大内刈(0:32)○ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級メダリスト。左からカッス、ムキ、デヴィト、ハムザ。

(エントリー36名)

【入賞者】
1.MUKI, Sagi (ISR)
2.CASSE, Matthias (BEL)
3.DE WIT, Frank (NED)
3.KHAMZA, Didar (KAZ)
5.BRIAND, Etienne (CAN)
5.MOLLAEI, Saeid (IRI)
7.MUSIL, Jaromir (CZE)
7.IVANOV, Ivaylo (BUL)

【1回戦】
アッティラ・ウングヴァリ(ハンガリー)○GS反則[指導3](GS0:48)△ネボイサ・ガルダセヴィッチ(モンテネグロ)
スタニスラフ・セメノフ(ロシア)○合技[背負投・背負投](2:47)△ドリン・ゴトノアガ(モルドバ)
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○GS反則[指導3](GS1:54)△ドミトリース・フェドセイエンコフス(ラトビア)
スルジャン・ムルヴァイエヴィッチ(モンテネグロ)○小外掛(2:48)△アレクシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)

【2回戦】
サイード・モラエイ(イラン)○肩車(3:14)△ジャック・ハットン(アメリカ)
タマジ・キラコザシヴィリ(ジョージア)○合技[背負投・隅返](3:49)△ハネス・コンラート(ドイツ)
エティエンヌ・ブリオン(カナダ)○GS反則[指導3](GS1:34)△アッティラ・ウングヴァリ(ハンガリー)
バケル・アルジダニーン(ヨルダン)○足車(0:59)△アブドゥルラフマン・アルルワリ(サウジアラビア)
マティアス・カッス(ベルギー)○GS技有・隅落(GS1:53)△スタニスラフ・セメノフ(ロシア)
エオイン・コーグラン(オーストラリア)○GS大内刈(GS1:11)△ステファン・マイドフ(セルビア)
ヤロミール・ムシル(チェコ)○GS技有・外巻込(GS0:35)△サミ・シュシ(ベルギー)
シャミル・ボルチャシヴィリ(オーストリア)○合技[内股透・肩車](2:34)△ナイ・リーガチイ(中国)
フランク・デヴィト(オランダ)○隅返(3:05)△パラハト・バシモフ(トルクメニスタン)
アルフォンソ・ウルキサ=ソラナ(スペイン)○合技[袖釣込腰・袖釣込腰](1:49)△ジャー・ラサイ(中国)
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○反則[指導3](3:48)△ニャムスレン・ダグワスレン(モンゴル)
ジャコンジル・マジドフ(タジキスタン)○反則[指導3](1:49)△アブドゥラー・アルクザム(クウェート)
アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)○優勢[技有・大内刈]△ロビン・パチェック(スウェーデン)
ディダル・ハムザ(カザフスタン)○肩車(1:41)△ウラジミール・ゾロエフ(キルギスタン)
サギ・ムキ(イスラエル)○大内刈(1:50)△スルジャン・ムルヴァイエヴィッチ(モンテネグロ)
アーサー・ライト(アメリカ)○片手絞(0:22)△モハメド・ジャウファン(サウジアラビア)

【3回戦】
サイード・モラエイ(イラン)○GS反則[指導3](GS2:08)△タマジ・キラコザシヴィリ(ジョージア)
エティエンヌ・ブリオン(カナダ)○崩上四方固(2:18)△バケル・アルジダニーン(ヨルダン)
マティアス・カッス(ベルギー)○優勢[技有・小内巻込]△エオイン・コーグラン(オーストラリア)
ヤロミール・ムシル(チェコ)○GS崩袈裟固(GS1:50)△シャミル・ボルチャシヴィリ(オーストリア)
フランク・デヴィト(オランダ)○袖釣込腰(1:52)△アルフォンソ・ウルキサ=ソラナ(スペイン)
イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)○GS反則[指導3](GS0:54)△ジャコンジル・マジドフ(タジキスタン)
ディダル・ハムザ(カザフスタン)○裏投(2:18)△アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)
サギ・ムキ(イスラエル)○袖釣込腰(0:12)△アーサー・ライト(アメリカ)

【準々決勝】
サイード・モラエイ(イラン)○小外掛(2:54)△エティエンヌ・ブリオン(カナダ)
マティアス・カッス(ベルギー)○優勢[技有・一本背負投]△ヤロミール・ムシル(チェコ)
フランク・デヴィト(オランダ)○GS反則[指導3](GS0:58)△イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)
サギ・ムキ(イスラエル)○合技[背負投・一本背負投](2:10)△ディダル・ハムザ(カザフスタン)

【敗者復活戦】
エティエンヌ・ブリオン(カナダ)○背負投(1:39)△ヤロミール・ムシル(チェコ)
ディダル・ハムザ(カザフスタン)○合技[肩車・裏投](3:46)△イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)

【準決勝】
マティアス・カッス(ベルギー)○棄権(0:34)△サイード・モラエイ(イラン)
サギ・ムキ(イスラエル)○袖釣込腰(1:09)△フランク・デヴィト(オランダ)

【3位決定戦】
フランク・デヴィト(オランダ)○優勢[技有・大内刈]△エティエンヌ・ブリオン(カナダ)
ディダル・ハムザ(カザフスタン)○不戦△サイード・モラエイ(イラン)

【決勝】
サギ・ムキ(イスラエル)○GS技有・背負投(GS0:09)△マティアス・カッス(ベルギー)

※記録はeJudo編集部の目視で起こしています。技名称の判定については、公式記録と見解の相違がある場合がありますのでご了承ください。
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています。
※記事(記録)の無断転載、転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.