PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第64回

(2018年10月29日)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第64回
(雑誌の名称を「大勢」としたのは:筆者注)世界現時の大勢に順応して将来の大勢を作るという趣旨に基づいたのである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「本誌発行の趣旨」 大勢1巻1号 大正11年4月
(『嘉納治五郎大系』6巻323頁)
 
「柔道」という名前の雑誌があります。
A4サイズの半分のA5版。雑誌ではあまり見られないサイズです。写真も巻頭数頁はカラーですが、あとはすべてモノクロ。大きな書店でもなかなか見ることはありませんが、これは柔道の総本山である講道館が月に1回発行している機関誌です。
お世辞にもメジャーとは言えない雑誌ですが、その起源を辿っていくと嘉納師範の時代にまでさかのぼることが出来る歴史のある雑誌です。

本連載を開始する時、師範とそれまでの武道家の違いとして「言説による普及活動」をあげましたが、その言説の多くは、雑誌に発表されたものです。
師範はその生涯で「国士」「柔道」「有効の活動」「柔道界」「作興」などの雑誌を立ち上げました。これらの雑誌は柔道の普及だけを目的としたものではなく、また講道館から発行されたものばかりでもありませんが、一括して「講道館雑誌」と呼ばれて、現在、柔道の歴史や師範の思想を学び、研究するのに貴重な資料となっています。

そういった「講道館雑誌」の1つに「大勢」という雑誌があります。その命名の理由が今回の「ひとこと」です。ここで言う「大勢」とは、<世の成り行きや形勢>といったところでしょうか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.