PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

90kg級のイゴルニコフと100kg超級タソエフのロシアの若手2人に注目、100kg級は業師フォンセカがワールドツアー初優勝を目指す・グランドスラムアブダビ2018最終日男子プレビュー

(2018年10月28日)

※ eJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。
90kg級のイゴルニコフと100kg超級タソエフのロシアの若手2人に注目、100kg級は業師フォンセカがワールドツアー初優勝を目指す
グランドスラムアブダビ2018最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
世界選手権は苦杯、真価を問われるイゴルニコフ。

■90kg級・イゴルニコフが優勝候補、上り調子のチリキシヴィリにも注目

(エントリー35名)

世界大会の表彰台クラスが多数参加したハイレベルトーナメント。優勝候補は今年のヨーロッパ王者ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)だ。イゴルニコフは優勝候補として参加したバクー世界選手権でまさかの3回戦敗退、優勝したニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)に敗れて上位を争うラウンドに勝ち進むことができなかった。この敗戦については優勝者との事実上の決勝に敗れたという見方も可能だが、それを証明するためには今大会での勝利が必須。果たしてイゴルニコフは今後も階級の軸の一人であり続けることができるのか、それとも多くの「瞬間的に強かった」選手のように序列の渦に飲み込まれてしまうのか。力を証明するための舞台として今大会の顔ぶれは十分以上、まずは準々決勝のアレクサンダー・クコル(セルビア)戦に注目だ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.