PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

63kg級はトルステニャクに追撃第1グループが挑戦、70kg級は本命なき大混戦・グランドスラムアブダビ2018第2日女子プレビュー

(2018年10月28日)

※ eJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。
63kg級はトルステニャクに追撃第1グループが挑戦、70kg級は本命なき大混戦
グランドスラムアブダビ2018第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
第1シードはティナ・トルステニャク

■63kg級・トルステニャクに階級の第1グループが挑戦

(エントリー19名)

クラリス・アグベニュー(フランス)と田代未来(コマツ)の二強は参加していないものの、ティナ・トルステニャク(スロベニア)を中心に階級の上位陣が数多くエントリーした。

現在の63kg級は前述の二強を頂点にその少し下にトルステニャク、さらにその下にマルティナ・トライドス(ドイツ)、ユール・フランセン(オランダ)ら第1グループが位置するという構造。よって、今大会のテーマはトルステニャク対第1グループの強豪たちということになる。決して高くない階級全体のレベルを考慮すれば、たとえ今大会で敗れたとしても序列的な意味でのトルステニャク陥落の可能性は極めて低い。しかし、田代の台頭によって階級の序列が入れ替わったばかりの今はそれ以外の選手にとっては序列逆転の大チャンス。本気でトルステニャク超えを目指す選手の出現に期待したい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.