PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

66kg級にバクー世界選手権2位のセリクジャノフが参戦、60kg級はアジア大会の惨敗から出直しのスメトフに注目・グランドスラムアブダビ2018第1日男子プレビュー

(2018年10月27日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
66kg級にバクー世界選手権2位のセリクジャノフが参戦、60kg級はアジア大会の惨敗から出直しのスメトフに注目
グランドスラムアブダビ2018第1日男子プレビュー
eJudo Photo
アジア大会で惨敗のもと王者スメトフは今大会が「出直し」第一戦

■60kg級・アジア大会7位のスメトフが出直し出場、パピナシヴィリとムドラノフはベスト16で激突

(エントリー26名)

階級の層の厚さを反映して今回もトーナメントのレベルは高め。特筆すべきトピックはないものの、2015年の世界王者イェルドス・スメトフ(カザフスタン)を中心に、リオデジャネイロ五輪王者ベスラン・ムドラノフ(ロシア)、アミラン・パピナシヴィリ(ジョージア)らトップクラスの実力者が多数顔を揃えた。

観戦ポイントの第一はスメトフの出来。同選手は今シーズン3月のグランドスラム・エカテリンブルク、5月のグランプリ・フフホトとワールドツアーで2連勝を飾りながら、本番のアジア大会では動きが冴えずまさかの7位。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.