PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ケルメンディが戦線復帰、超ハイレベル陣容の48kg級、ベテラン揃い踏みの57kg級にも注目・グランドスラムアブダビ2018第1日女子プレビュー

(2018年10月27日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
ケルメンディが戦線復帰、超ハイレベル陣容の48kg級、ベテラン揃い踏みの57kg級にも注目
グランドスラムアブダビ2018第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
■48kg級・世界選手権クラスの豪華陣容、トップ層がビロディド、日本勢に続く3番手の座を争う

(エントリー26名)

世界王者ダリア・ビロディド(ウクライナ)と日本勢を除く強豪がほぼ参加。いよいよバクー後の序列争いが本格的に開始されることとなった。1回戦から注目カードが連続する超豪華な陣容となっており、最初から最後まで目が離せない今大会女子の目玉階級だ。

優勝争いの核はムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)とパウラ・パレト(アルゼンチン)の世界王者経験者2名に、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)とディストリア・クラスニキ(コソボ)を加えた4名。まずはプールCのベスト8でガルバドラフとクラスニキが激突する。この大会の結果が階級の序列に直結するというわけではないが、ビロディドと日本勢がいないからこそ実力差がより直接的に順位に反映されると考えて良いだろう。これから東京五輪に向けて日本代表のライバルとなる選手たちの現在地をここで改めて確認しておきたい。

【プールA】
第1シード:ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
第8シード:カタリナ・コスタ(ポルトガル)
有力選手:ノア・ミンスカー(イスラエル)、サビーナ・ギリアゾワ(ロシア)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.