PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大阪府警察がアベック優勝、男子第一部と新設の女子の部をともに制す・明治150年記念平成30年度全国警察柔道大会(第70回)即日レポート

(2018年10月23日)

※ eJudoメルマガ版10月22日掲載記事より転載・編集しています。
大阪府警察がアベック優勝、男子第一部と新設の女子の部をともに制す
明治150年記念平成30年度全国警察柔道大会(第70回)即日レポート
eJudo Photo
男女アベック優勝を飾った大阪府警察

取材:古田英毅/eJudo編集部
撮影:eJudo編集部

団体戦で警察柔道日本一を争う明治150年記念平成30年度全国警察柔道大会が22日、日本武道館で行われ、七人制で争う最高峰カテゴリの第一部では大阪府警察が優勝した。決勝は兵庫県警察を破った。

大阪府警察は2年ぶり21度目の優勝。大阪府警察は今年から新設された女子の部でも優勝を飾り、史上初の男女アベック優勝を達成することとなった

第一部の3位には警視庁が入賞。六人制で争う第二部は千葉県警察、五人制の第三部は岐阜県警察がそれぞれ優勝を飾った。

第一部の戦評と記録(準決勝以降4試合の対戦詳細)、女子の部の記録(予選リーグスコアと3位決定戦、決勝の対戦詳細)、第二部と第三部の記録(3位決定戦と決勝の対戦詳細)は下記。

■第一部

【決勝まで】

12チームがエントリーを許された最高峰カテゴリの第一部、決勝に進んだのは兵庫県警察と大阪府警察。

連覇を狙う兵庫県警察は予選リーグで佐賀県警察を6-0、鹿児島県警察を4-0で下す好スタート。勝負どころの準決勝は神奈川県警察を相手に先鋒戦と五将戦をともに「技有」優勢で落とし、5人消化の時点で0-2ビハインドという苦しい試合となったが、副将戦で辻本拓記が砂田勇登から背負投「一本」で勝利して反撃の狼煙。大将戦は木下泰成が片山大旗から2つの「指導」をもぎ取り、これで逆転。2-2の内容差で劇的な勝利を決め、今年も決勝の畳へと駒を進めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.