PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本体育大が初優勝、藤原崇太郎負傷棄権のピンチもチーム一丸で頂点極める・第20回全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子

(2018年10月21日)

※ eJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本体育大が初優勝、藤原崇太郎負傷棄権のピンチもチーム一丸で頂点極める
第20回全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子
eJudo Photo
初優勝の日本体育大

体重別七人制で学生柔道日本一を争う全日本学生体重別団体優勝大会は21日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で最終日の競技が行われ、日本体育大が決勝で筑波大を破って優勝を飾った。日本体育大は初優勝、3位には東海大と国士舘大が入賞した。

バクー世界選手権で66kg級連覇を達成したばかりの阿部一二三、同大会81kg級で銀メダルを獲得した藤原崇太郎、3週間前の全日本学生体重別73kg級を制した古賀颯人らを擁す日体大は今季充実の陣容。優勝候補の一角との前評判通り順当に勝ち抜いていたが、準々決勝の明治大戦で藤原が左肘を脱臼、担架で搬送されてリタイアするアクシデント。

同時に1点を失った日本体育大だがこの一番を代表戦の末勝ち抜けると、準決勝ではこれも大接戦となった国士舘大戦を代表戦で下し、初の決勝に進出。

決勝は先鋒(73kg級)の古賀颯人が、昨年度の学生王者野上廉太郎を相手に残り数秒、右袖釣込腰のすっぽ抜けを肩車式に無理やり押し込んで値千金の「技有」奪取。そして2戦引き分けを経た中堅(81kg級)戦がこの日のハイライト。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.