PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]関根聖隆が優勝、斉藤立は大会の主役ザアリシヴィリに2回戦で屈す・世界ジュニア選手権2018最終日男子

(2018年10月21日)

※ eJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]関根聖隆が優勝、斉藤立は大会の主役ザアリシヴィリに2回戦で屈す
世界ジュニア選手権2018最終日男子(100kg級、100kg超級)
バハマの首都ナッソーで17日から行われている世界ジュニア柔道選手権2018。個人戦最終日となる第4日目の男子は100kg級と100kg超級の競技が行われ、100kg級は関根聖隆、100kg超級はゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)がそれぞれ優勝を飾った。

100kg超級の日本代表、高校2年生の斉藤立は2回戦でザアリシヴィリに敗れた。

各階級の概況と3位決定戦以降の結果、決勝の戦評、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 100kg級・関根聖隆が優勝、得意の「前後・内外」の連続攻撃で長身選手を次々撃破
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左からカタリナ、関根、サネブリゼ、バラニエフスキ。

(エントリー20名)

【入賞者】
1.SEKINE, Kiyotaka (JPN)
2.CATHARINA, Simeon (NED)
3.SANEBLIDZE, Onise (GEO)
3.BARANIEWSKI, Iwo (POL)
5.ELNAHAS, Shady (CAN)
5.MADSEN, Mathias (DEN)
7.ZORN, Daniel (GER)
7.LIMA, Lucas (BRA)

関根聖隆(筑波大1年)が優勝。決勝ではシメオン・カタリナ(オランダ)をGS延長戦での左小内刈「技有」(GS0:17)で破った。

最大の山場は2回戦のシャディ・エルナハス(カナダ)戦。1分46秒に右腰車で「技有」を奪われる厳しい試合展開となったが、2分51秒に得意の左「一本大外」で一本勝ち。持ち前のバランス感覚の良さを生かして、カウンターの谷落を狙った相手を向き直るようにして背中から落とした。

関根の強みは前後の技を内にも外にも仕掛けられることと、そして何より旺盛な攻撃意欲。この日も特徴を存分に発揮して背負投に一本背負投、そして一本背負投の形に腕を抱えての小内刈(小内巻込)に大外刈と威力のある技を連発。自分より頭一つ分大柄な海外勢を次々撃破した。

【3位決定戦】
オニセ・サネブリゼ(ジョージア)○優勢[技有・裏投]△シャディ・エルナハス(カナダ)
イフォ・バラニエフスキ(ポーランド)○優勢[技有・払巻込]△マシアス・マドセン(デンマーク)

eJudo Photo
100kg級決勝、関根聖隆がシメオン・カタリナから左小内刈「技有」

【決勝】
関根聖隆○GS技有・小内刈(GS0:17)△シメオン・カタリナ(オランダ)
左相四つ。奥を持って固定したいカタリナにこれを引き剥がして担ぎ技を狙う関根という構図で試合が進行。1分47秒、関根に極端な防御姿勢の「指導」が与えられる。しかし、試合が終盤に入るとカタリナが疲れを見せ始め、関根が担ぎ技の波状攻撃で圧倒。2分44秒にはカタリナに消極的との咎で「指導」。直後の2分55秒、関根が右小内刈を透かされ抱分で返されかける危ない場面が生まれるが、ここは空中で向き直りポイント失陥を回避。3分51秒にカタリナに2つ目の「指導」が加えられて勝負はGS延長戦へと持ち越される。GS17秒、引き手を得ようとしたカタリナの意識が関根の左釣り手側に向いたタイミングで、関根が上体を一本背負投の形に固定した左小内刈。両手で引き落とすとカタリナ体を「く」の字に曲げたまま転がり「技有」。関根が世界ジュニア王者の座を手に入れた。

【日本代表選手勝ち上がり】

関根聖隆(筑波大1年)
成績:優勝


[2回戦]
関根聖隆○合技[小内刈・内股透](3:17)△イェレ・スニッペ(オランダ)

[準々決勝]
関根聖隆○大外刈(2:51)△シャディ・エルナハス(カナダ)

[準決勝]
関根聖隆○小内巻込(3:12)△イフォ・バラニエフスキ(ポーランド)

[決勝]
関根聖隆○GS技有・小内刈(GS0:17)△シメオン・カタリナ(オランダ)

■ 100kg超級・ザアリシヴィリがヘギーを破り優勝、斉藤立は2回戦敗退
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左からヘギー、ザアリシヴィリ、アブラモフ、ガムザトハノフ。

(エントリー21名)

【入賞者】
1.ZAALISHVILI, Gela (GEO)
2.HEGYI, Stephan (AUT)
3.ABRAMOV, Erik (GER)
3.GAMZATKHANOV, Dzhamal (RUS)
5.MARINIC, Enej (SLO)
5.KAITOV, Kemal (RUS)
7.SOLIS, Francisco (CHI)
7.TSOUMITAS, Dimitrios (GRE)

決勝に進出したのはゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)とステファン・ヘギー(オーストリア)。決勝はザアリシヴィリが釣り手で背中を抱く得意の形でヘギーを圧倒、1分37秒に小外掛と横四方固の合技「一本」で優勝を決めた。

ザアリシヴィリはオール一本勝ちでのタイトル獲得。2回戦では斉藤立(国士舘高2年)を僅か14秒の小外掛「一本」、決勝でも既にシニアの上位で活躍しているヘギーを全く相手にせずに一蹴してみせた。ジョージアの100kg超級は世界王者のグラム・ツシシヴィリ(ジョージア)を筆頭に非常に層が厚いが、近いうちにシニアでも名前を見るようになるはずだ。

日本代表の斉藤立は前述の通り2回戦でザアリシヴィリに敗退。1回戦のオドフー・ツェツェンツェンゲル(モンゴル)戦から「指導3」の反則(2:48)での勝利と動きが悪く、敗れた試合では相手に密着され右小外掛を仕掛けられた状態から、下がりながら釣り手を持ち替えようとするミスも犯した。腰を痛めたことによりほとんど練習を積めていなかったとの情報もあり、万全の状態での戦いを見られなかったことは残念。しかし、それを抜きにしても組み手の甘さなどを考慮するとザアリシヴィリに勝つことは難しかったと思われる。国内の高校カテゴリでは相手に好きに持たせても問題なく勝利してしまう斉藤だが、今後シニアでも活躍するためには戦い方をより厳しく突き詰める必要がある。

ほか、面白い存在として3位を獲得したジャマル・ガムザトハノフ(ロシア)を紹介しておきたい。この選手は日本でも活躍した格闘家ヴォルク・ハン氏の息子。2メートル近い体躯は迫力、今後の活躍が期待される。ロシアの100kg超級は現在若手の当たり年が続いており、イナル・タソエフ(ロシア)ら才能のある選手が出世を競い合っている状況。このなかから抜け出すことができるのか、継続してチェックしていきたい有望株だ。

【3位決定戦】
エリック・アブラモフ(ドイツ)○小外掛(0:42)△エネイ・マリニッチ(スロベニア)
ジャマル・ガムザトハノフ(ロシア)○横四方固(3:18)△ケマル・カイトフ(ロシア)

eJudo Photo
100kg超級決勝、ゲラ・ザアリシヴィリがステファン・ヘギーから右小外掛「技有」

【決勝】
ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)○合技[小外掛・横四方固](1:37)△ステファン・ヘギー(オーストリア)
ザアリシヴィリが右、ヘギーが左組みのケンカ四つ。ザアリシヴィリは試合が始まるなり釣り手で相手の背中深くを持ち得意の形を完成。ヘギーはこれを左体落で引き剥がしに掛かるが、相手の牽引があまりに強く、大きく崩しはするもののどうしても振り解くことができない。この攻防はザアリシヴィリが右小外刈でヘギーを伏せさせ「待て」。続く展開もザアリシヴィリは背中を抱いて密着、ヘギーは腰を引いて耐えるしかなく、52秒に極端な防御姿勢の「指導」が与えられる。1分24秒、ザアリシヴィリが両袖奥襟を得て万全の形を作ると、ヘギーは苦し紛れに内股位置への左体落。投げることは出来なくとも現状を打開できる「崩し技」であるこの技術だが、ザアリシヴィリはこれを受け止め、右小外掛で捻り倒して「技有」。さらにそのまま横四方固で抑え込み、1分37秒、合技「一本」へと辿り着く。ザアリシヴィリが強者ヘギーを圧倒、見事優勝を果たした。

【日本代表選手勝ち上がり】

斉藤立(国士舘高2年)
成績:2回戦敗退


[1回戦]
斉藤立○反則[指導3](2:48)△オドフー・ツェツェンツェンゲル(モンゴル)

[2回戦]
斉藤立△小外掛(0:14)○ゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)

※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ eJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.