PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]外処茅優が優勝、48kg級の芳田真は世界王者ビロディドに敗れるも2位入賞果たす・世界ジュニア選手権2018第1日女子

(2018年10月18日)

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]外処茅優が優勝、48kg級の芳田真は世界王者ビロディドに敗れるも2位入賞果たす・世界ジュニア選手権2018第1日女子(44kg級、48kg級)
eJudo Photo
44kg級決勝、外処茅優がウマイマ・ベディウイを崩上四方固で抑え込む

ジュニア(21歳以下)カテゴリで世界王座を争う世界ジュニア柔道選手権2018が17日、バハマ・ナッソーで開幕。初日は女子44kg級と48kg級、男子55kg級と60kg級の競技が行われた。

女子48kg級は9月の世界選手権で優勝したばかりのダリア・ビロディド(ウクライナ)が優勝、44kg級は日本代表の外処茅優(富士学苑高3年)が制した。

女子2階級の概況と日本代表選手全試合の結果、決勝の戦評は下記。

■44kg級・外処茅優が優勝、動き冴え全試合一本で戴冠
(エントリー15名)

【入賞者】
1.TODOKORO, Chihiro (JPN)
2.BEDIOUI, Oumaima (TUN)
3.ARRAES, Amanda (BRA)
3.PETIT, Lois (BEL)
5.FRIGOUL, Melanie (FRA)
5.HAMIDOVA, Shafag (AZE)
7.SAYMA, Gamze (TUR)
7.BERINGER, Fatime (HUN)

日本代表の外処茅優(富士学苑高3年)が全試合「一本」(相手の反則含む)で優勝。序盤戦の2試合はいずれも1分以内に勝利して相手を圧倒。決勝では富士学苑高の選手らしい「腹包み」からの抑え込みで相手を仕留めた。この日の外処は立技、寝技ともに非常に動きが冴えており、全試合通して危ない場面はほとんど見られなかった。

【3位決定戦】
アマンダ・アラエス(ブラジル)○優勢[技有・袖釣込腰]△メラニー・フリグ(フランス)
ロイ・ペティ(ベルギー)○GS反則[指導3](GS3:16)△シャファグ・ハミドワ(アゼルバイジャン)

【決勝】
外処茅優○合技[小内刈・崩上四方固](3:35)△ウマイマ・ベディウイ(チュニジア)
外処が左、ベディウイが右組みのケンカ四つ。開始11秒、外処は相手を釣り手方向に引き出しての左小内刈で「技有」を先制。それ以降も一方的に攻め続け、2分35秒には左「小内払い」で相手を伏せさせ「腹包み」から寝技を展開する。このまま1分以上寝技を続け、最後は崩上四方固で抑え込み3分35秒に合技「一本」。

【日本代表選手勝ち上がり】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.