PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

桐蔭学園高が第1部優勝、エース朝飛真実が全試合一本勝ちでチーム牽引・第22回朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2018年10月14日)

※ eJudoメルマガ版10月14日掲載記事より転載・編集しています。
桐蔭学園高が第1部優勝、エース朝飛真実が全試合一本勝ちでチーム牽引
第22回朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会女子
eJudo Photo
女子第1部優勝の桐蔭学園高

第22回朱雀杯争奪選抜高等学校大会柔道大会(主催 学校法人佐藤栄学園・平成国際大学)は14日、平成国際大学総合武道館(加須市)で行われ、15校が参加して行われた女子第1部は桐蔭学園高(神奈川)が優勝した。

桐蔭学園は一昨年に行われた20回大会(※21回大会は台風のため中止)に続く2大会連続の優勝。決勝は埼玉栄高(埼玉)を1-1の内容差で下した。最優秀選手賞には全試合一本勝ちでチームを牽引したエース・朝飛真実が選ばれた。

18校が参加した女子第2部は埼玉栄高(埼玉)が優勝した。

各カテゴリの入賞者、および女子第1部全試合の結果と準決勝以降の対戦詳細、女子第2部準々決勝以降の結果と決勝の対戦詳細は下記

■ 女子第1部
eJudo Photo
決勝、朝飛真実が佐藤星麗七の袖釣込腰を捌く

eJudo Photo
朝飛が鮮やかな体捌きで内股透「技有」獲得

【入賞者】
(エントリー15校)
優 勝:桐蔭学園高(神奈川)
準優勝:埼玉栄高(埼玉)
第三位:帝京高(東京)、水戸葵陵高(茨城)

最優秀選手賞:朝飛真実(桐蔭学園高)
優秀選手賞:渋谷萌々音(埼玉栄高)

【1回戦】

八千代高(千葉) 2-1 修徳高(東京)
國學院大栃木高(栃木) 2-1 児玉高(埼玉)
水戸葵陵高(茨城) 2-1 渋谷教育学園渋谷高(東京)

埼玉栄高(埼玉) 3-0 土浦日大高(茨城)
藤村女子高(東京) 2-0 横須賀学院高(神奈川)
作新学園高(栃木) ①-1 前橋東高(群馬)
帝京高(東京) 2-0 三浦学苑高(神奈川)

【準々決勝】

桐蔭学園高(神奈川) 2-1 八千代高(千葉)
水戸葵陵高(茨城) 3-0 國學院大栃木高(栃木)
埼玉栄高(埼玉) 2-1 藤村女子高(東京)
帝京高(東京) 3-0 作新学院高(栃木)

【準決勝】

桐蔭学園高 2-1 水戸葵陵高
(先)川村幸花〇内股△馬場彩実
(中)朝飛真実〇横四方固△大川摩邑子
(大)長友瑠奈△合技〇南舘ののか

埼玉栄高 ①代-1 帝京高
(先)渋谷萌々音△反則[指導3]〇三谷桜
(中)佐藤星麗七〇合技△吉田乙葉
(大)比嘉萌×引分×田嶋海佳
(代)佐藤星麗七〇合技△三谷桜

【決勝】

桐蔭学園高 ①-1 埼玉栄高
(先)川村幸花△優勢[技有]〇渋谷萌々音
(中)朝飛真実〇合技[内股透・横四方固]△佐藤星麗七
(大)長友瑠奈×引分×比嘉萌

■ 女子第2部
eJudo Photo
女子第2部優勝の埼玉栄高

【入賞者】
(エントリー18校)
優 勝:埼玉栄高(埼玉)
準優勝:高崎健康福祉大高崎高(群馬)
第三位:國學院大栃木高(栃木)、土浦日大高(茨城)

【準々決勝】

埼玉栄高(埼玉) 3-0 開志国際高(新潟)
國學院大栃木高(栃木) ①-1 大宮工高(埼玉)
高崎健康福祉大高崎高(群馬) 2-1 八千代高(千葉)
土浦日大高(茨城) ①-1 加藤学園高(静岡)

【決勝】

埼玉栄高 2-0 高崎健康福祉大高崎高
(先)新夕希海〇合技△新部梨花
(中)岩田菜々葉×引分×笠原麗和
(大)中鉢菜月〇送襟絞△木下里奈

※ eJudoメルマガ版10月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.