PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

東京都が4年連続の優勝、大将枠欠くも4人で頂点極める・第73回国民体育大会柔道競技少年男子

(2018年10月10日)

※ eJudoメルマガ版10月10日掲載記事より転載・編集しています。
東京都が4年連続の優勝、大将枠欠くも4人で頂点極める
第73回国民体育大会柔道競技少年男子
第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体2018)柔道競技は6日から8日まで、福井県立武道館(福井市)で行われ、8日に行われた少年男子は東京都が優勝した。

東京都は4年連続14度目の優勝。今大会は大将枠の斉藤立が負傷のため欠場、全試合を4人で戦うこととなったがチームがこれで団結。決勝も強豪千葉県を相手に前衛4枚が3点を確保、1度もリードを渡さぬまま勝利を決めた。

全試合の結果と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

【成績上位者】
優 勝:東京都
準優勝:千葉県
第三位:兵庫県
第四位:奈良県

【1回戦】

北海道 ①代-1 佐賀県
栃木県 2-1 山形県
大分県 2-1 茨城県
福岡県 3-0 福井県
岡山県 3-2 静岡県
愛媛県 4-0 沖縄県

【2回戦】

東京都 3-2 島根県
北海道 ①-1 石川県
愛知県 3-2 栃木県
兵庫県 3-1 大分県
千葉県 3-1 福島県
福岡県 3-1 大阪府
岡山県 2-1 神奈川県
奈良県 4-0 愛媛県

【準々決勝】

東京都 ②-2 北海道
(先)樋口誠二朗○×引分×鷲見仁義
(次)川田武史○小内刈(1:51)△遠藤康介
(中)金野晃大△優勢[技有・背負投]〇杉本将一朗
(副)藤永龍太郎○合技[小外掛・縦四方固](1:35)△越橋健介
(大)△不戦○小竹守

兵庫県 3-1 愛知県
(先)顕徳大晴○反則(3:11)△佐藤大知
(次)横山大地〇背負投(0:25)△及部健太朗
(中)岡田一真△内股(0:14)〇大西陸斗
(副)長谷川功斉×引分×藤鷹裕大
(大)寺本靜矢〇払腰(0:41)△大石由

千葉県 2-1 福岡県
(先)秋山竜大〇一本背負投(3:33)△篠﨑唯人
(次)平野龍也○肩車(2:18)△下川純司
(中)板東虎之輔×引分×阿部光太
(副)皆川大記△反則(4:00)〇森健心
(大)小宮大倭×引分×中西一生

奈良県 ①-1 岡山県
(先)古志侑樹×引分×三宅晴大
(次)中村洸登△優勢[技有・巴投]〇平野達也
(中)水上世嵐×引分×加藤韻
(副)植岡虎太郎×引分×嵐大地
(大)中野寛太〇合技[横掛・小外掛]△高橋翼


【準決勝】

東京都 ②-2 兵庫県
(先)樋口誠二朗×引分×顕徳大晴
(次)川田武史○一本背負投(0:52)△横山大地
(中)金野晃大△優勢[技有・小外掛]○岡田一真
(副)藤永龍太郎○小外掛(0:53)△長谷川功斉
(大)△不戦○寺本靜矢

千葉県 2-1 奈良県
(先)秋山竜大×引分×古志侑樹
(次)平野龍也○優勢[僅差]△中村洸登
(中)板東虎之輔○合技[大腰・横四方固](3:38)△水上世嵐
(副)皆川大記×引分×植岡虎太郎
(大)小宮大倭△内股(1:07)○中野寛太

【3位決定戦】

兵庫県 ②-2 奈良県
(先)顕徳大晴○横四方固(2:42)△古志侑樹
(次)横山大地△優勢[僅差]○中村洸登
(中)岡田一真○隅落(4:00)△水上世嵐
(副)長谷川功斉×引分×植岡虎太郎
(大)寺本靜矢△大外落(1:02)○中野寛太

【決勝】

東京都 3-2 千葉県
(先)樋口誠二朗○優勢[技有・肩車]△秋山竜大
(次)川田武史○払腰(2:38)△平野龍也
(中)金野晃大△背負投(1:03)○板東虎之輔
(副)藤永龍太郎○内股(1:10)△皆川大記
(大)△不戦○小宮大倭

※ eJudoメルマガ版10月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.