PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

兵庫県が優勝、前衛3枚の充実光る・第27回日整全国少年柔道大会即日レポート

(2018年10月7日)

※ eJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。
兵庫県が優勝、前衛3枚の充実光る
第27回日整全国少年柔道大会即日レポート
eJudo Photo
優勝の兵庫県チーム

都道府県対抗の五人制団体戦(4年・5年・5年・6年・6年)で少年柔道日本一を争う第27回文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道大会(主催 公益財団法人日本柔道整復師会)が7日、講道館大道場で行われ、兵庫県が9年ぶり3度目の優勝を飾った。決勝は神奈川県を2-1で破った。

3位には秋田県と愛媛県が入賞した。敢闘賞(ベスト8)は京都府、岐阜県、北海道、宮崎県。フェアプレー賞には石川県、岡山県、大分県、和歌山県が選ばれた。

戦評とコメント、全試合の結果および準々決勝以降の対戦詳細は下記。

※国際柔道連盟試合審判規定(2017~2020)、試合時間2分、「指導2」差での僅差勝ちを認める
※代表戦の選手選出は任意、2分間でゴールデンスコア方式は採らず必ず勝敗を決する

取材・文:古田英毅
撮影:eJudo編集部

■戦評

【決勝まで】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.