PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]立川莉奈が武田亮子破って52kg級制覇、57kg決勝は竹内鈴が強烈大外刈「一本」・平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会最終日女子

(2018年9月30日)

※ eJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]立川莉奈が武田亮子破って52kg級制覇、57kg決勝は竹内鈴が強烈大外刈「一本」
平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会最終日女子3階級(48kg級、52kg級、57kg級)
取材:eJudo編集部
撮影:辺見真也

eJudo Photo
52kg級決勝、立川莉奈が武田亮子の小外掛を透かして隅落「技有」。

eJudo Photo
57kg級決勝、竹内鈴が香川瑞希から右大外刈「一本」。

体重別7階級で学生柔道日本一を競う平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会は30日、日本武道館で大会最終日を迎え、軽量3階級の競技が行われた女子は52kg級で立川莉奈(福岡大)、57kg級で竹内鈴(東海大)、48kg級で小倉葵(環太平洋大)がそれぞれ優勝を飾った。3人はいずれも初優勝。立川は一昨年、竹内と小倉は昨年度大会で決勝に進みながら敗れており、悲願の戴冠となった。立川は1994年に61kg級を制した中橋治美以来、福岡大勢では24年ぶり4人目となる優勝。

52kg級の立川は決勝で武田亮子(龍谷大)と対戦。持ち前の粘り強い柔道でGS延長戦に持ち込むと「指導」2つを確保。後のなくなった武田の連続攻撃を捌き切り、勝負技の小外掛を透かして隅落「技有」。この一撃で優勝を決めた。

57kg級の竹内は決勝で同門の香川瑞希とマッチアップ、1分31秒に右大外刈「一本」を奪って優勝を決めた。両袖をまとめ、一瞬相手を引き寄せながらの放ったこの技に香川は両足を天井に向けて畳に真っ逆さま。強烈な一撃に、会場はしばしどよめきが鳴りやまなかった。

環太平洋大勢の同門対決となった48kg級決勝は意外な結末。安部風花が小倉葵に左袖釣込腰、遠くに伏せた相手を押し込もうと膝を伸ばして追い掛けるが、が勢いがつきすぎて顔面から小倉の後頭部に激突。脳震盪を起こしたか立ち上がろうとするとふらつき、ドクターストップ。棄権負けとなり、小倉の優勝が決まった。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
最終日女子優勝者。左から48kg級の小倉葵、52kg級の立川莉奈、57kg級の竹内鈴。

■ 48kg級
(エントリー26名)

【入賞者】
優 勝:小倉葵(環太平洋大)
準優勝:安部風花(環太平洋大)
第三位:常見千紗(帝京科学大)、有野涼(龍谷大)

【準決勝】
安部風花○背負落(1:05)△常見千紗
小倉葵○GS反則[指導3](GS1:06)△有野涼

【決勝】
小倉葵○棄権(1:51)△安部風花

■ 52kg級
(エントリー31名)

【入賞者】
優 勝:立川莉奈(福岡大)
準優勝:武田亮子(龍谷大)
第三位:萩野乃花(国士舘大)、中内柚里(龍谷大)

【準決勝】
立川莉奈○優勢[技有・袖釣込腰]△萩野乃花
武田亮子○GS技有・袖釣込腰(GS4:07)△中内柚里

【決勝】
立川莉奈○GS技有・隅落(GS2:13)△武田亮子

■ 57kg級
(エントリー36名)

【入賞者】
優 勝:竹内鈴(東海大)
準優勝:香川瑞希(東海大)
第三位:大和久友佳(山梨学院大)、飯塚亜美(仙台大)

【準決勝】
竹内鈴○出足払(2:11)△大和久友佳
香川瑞希○GS技有・内股返(GS0:48)△飯塚亜美

【決勝】
竹内鈴○大外刈(1:31)△香川瑞希

※ eJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.