PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]激戦73kg級を古賀颯人が制す、東京学生大会に続いて出色の出来・平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会第1日男子

(2018年9月29日)

※ eJudoメルマガ版9月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]激戦73kg級を古賀颯人が制す、東京学生大会に続いて出色の出来
平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会第1日男子4階級(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
取材:eJudo編集部
撮影:辺見真也

→マッチレポート記事はこちら

eJudo Photo
決勝、古賀颯人が島田隆志郎から支釣込足「技有」

体重別7階級で学生柔道日本一を争う平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会は29日、日本武道館で開幕。初日の男子は4階級の競技が行われ、73kg級では古賀颯人(日本体育大)が優勝を飾った。

古賀は2日に行われた東京学生柔道体重別選手権大会を全試合一本勝ちの圧勝で制しており、有望人材集った今大会でも優勝候補として注目されていた。決勝は同大会の準々決勝で戦った島田隆志郎(國學院大)と再戦、終始攻め続け、GS31秒に支釣込足「技有」を得て勝利した。

2連覇を狙った野上廉太郎(筑波大)は2回戦で大吉賢(日本体育大)にGS延長戦「指導3」で敗れた。27年度大会の王者福岡克仁(日本大)も大吉に敗れ、チャンピオン2人を破った大吉は準々決勝で込山龍哉(東海大)に屈した。

66kg級ではダークホース山田聖斗(桐蔭横浜大)が優勝。決勝では牧野壮一郎(天理大)を相手に3分21秒、背負投「一本」。素晴らしい一撃で大学日本一のタイトルを手に入れた。

ほか、60kg級では樋口裕大(天理大)、81kg級では友清光(国士舘大)がそれぞれ優勝を飾った。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
第1日、男子の優勝者。左から60kg級の樋口裕大、66kg級の山田聖斗、73kg級の古賀颯人、81kg級の友清光。

■ 60kg級
(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:樋口裕大(天理大)
準優勝:清水夏輝(日本体育大)
第三位:森田将矢(鹿屋体育大)、石川勇太(日本体育大)

【準決勝】
清水夏輝○GS技有・隅返(GS0:20)△森田将矢
樋口裕大○GS一本背負投(GS2:37)△石川勇太

【決勝】
樋口裕大○優勢[技有・一本背負投]△清水夏輝

■ 66kg級
(エントリー50名)

【入賞者】
優 勝:山田聖斗(桐蔭横浜大)
準優勝:牧野壮一郎(天理大)
第三位:湯本祥真(筑波大)、長谷川雷(筑波大)

【準決勝】
牧野壮一郎○GS反則[指導3](GS3:22)△湯本祥真
山田聖斗○合技[小内巻込・背負投](1:52)△長谷川雷

【決勝】
山田聖斗○背負投(3:21)△牧野壮一郎

■ 73kg級
(エントリー55名)

【入賞者】
優 勝:古賀颯人(日本体育大)
準優勝:島田隆志郎(國學院大)
第三位:込山龍哉(東海大)、原田健士(日本体育大)

【準決勝】
島田隆志郎○反則[指導3](2:21)△込山龍哉
古賀颯人○GS技有・袖釣込腰(GS2:21)△原田健士

【決勝】
古賀颯人○GS技有・支釣込足(GS0:31)△島田隆志郎

■ 81kg級
(エントリー55名)

【入賞者】
優 勝:友清光(国士舘大)
準優勝:釘丸将太(国士舘大)
第三位:川端悠生(国士舘大)、山中堅盛(東海大)

【準決勝】
友清光○優勢[技有・袖釣込腰]△川端悠生
釘丸将太○合技[隅落・縦四方固](3:35)△山中堅盛

【決勝】
友清光○GS技有・横落(GS0:11)△釘丸将太


→マッチレポートへ

※ eJudoメルマガ版9月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.