PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】朝比奈沙羅が昨年の経験生かして初優勝、決勝はここまで強豪と連戦のオルティスを破る・バクー世界柔道選手権2018女子78kg超級レポート

(2018年9月27日)

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】朝比奈沙羅が昨年の経験生かして初優勝、決勝はここまで強豪と連戦のオルティスを破る
バクー世界柔道選手権2018女子78kg超級レポート
eJudo Photo
初優勝を決めた朝比奈沙羅

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド
文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

アゼルバイジャンで開催されているバクー世界柔道選手権は26日、競技日程第7日の男子100kg超級、女子78kg超級の競技が行われ、78kg超級は朝比奈沙羅(パーク24)が優勝した。

朝比奈は銀メダルを獲得した昨年に続く2度目の世界選手権出場で、これが初優勝。決勝は2012年ロンドン五輪の金メダリストでリオデジャネイロ五輪でも銀メダルを獲得しているイダリス・オルティス(キューバ)を延長戦で破った。3位にはカイラ・サイート(トルコ)とラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が入賞した。

前述の通り、決勝進出者は朝比奈とオルティス。トーナメントはノーシードのオルティスの側に選手が集中、この選手が強敵を一手に引き受ける形で決勝までが進行した。

オルティスは、ある程度コンディションが整っていた8月のグランプリ・ブダペスト(優勝)に比べると一段劣る出来。しかし2回戦で第1シードのキム・ミンジョン(韓国)を「指導2」対「指導3」の反則で破り、3回戦では中国期待の新一番手ワン・ヤンを袖釣込腰と横四方固の合技「一本」と強豪を立て続けに撃破。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.