PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】濵田尚里優勝、V候補マロンガはまさかの2敗で7位・バクー世界柔道選手権2018女子78kg級レポート

(2018年9月25日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】濵田尚里優勝、V候補マロンガはまさかの2敗で7位
バクー世界柔道選手権2018女子78kg級レポート
eJudo Photo
世界選手権初出場で金メダルを獲得した濱田尚里

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド
文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

アゼルバイジャンで開催されているバクー世界柔道選手権は25日、競技日程第6日の男子100kg級、女子78kg級の競技が行われ、78kg級は濱田尚里(自衛隊体育学校)が優勝した。濱田は初優勝、決勝の「指導3」による反則も含めて全試合一本勝ちでの金メダル獲得。

決勝に進んだのは第1シードのフッシェ・ステインハウス(オランダ)と、Bシードながら優勝候補の一角に推されていた濵田。

オランダの誇る2トップの一であるステインハウスは第1シードのアドバンテージを存分に生かした格好。明らかに組み合わせに恵まれ、2回戦でイ・ジョンギュン(韓国)を大外巻込「技有」で下すと、以降は一本勝ちを連発。3回戦はエヴェリン・サランキ(ハンガリー)を僅か21秒の内股「一本」、準々決勝はケイティジェミマ・イエーツブラウン(イギリス)を1分16秒の内股「一本」で下し、準決勝はここまでマイラ・アギアール(ブラジル)とマドレーヌ・マロンガ(フランス)を下して台風の目となったマー・ジェンジャオ(中国)をこれも35秒内股「一本」で下し、これぞというメジャー選手との対戦ないまま、圧倒的な内容で決勝進出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.