PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】【eJudo’s EYE】勝者の責任に向き合った新井、3位入賞のアルベールはまた1年怖さを「更新」・女子70kg級評

(2018年9月25日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】【eJudo’s EYE】勝者の責任に向き合った新井、3位入賞のアルベールはまた1年怖さを「更新」
女子70kg級評
eJudo Photo

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

ちょっと順番が狂ってしまうが、即日レポートの後半を書く際にそのまま繋げて70kg級の「評」として機能する部分を書いてしまった。切り離してこちらに70kg級評として掲載させて頂く。軽量級の評をお待ちの読者には申し訳ないが、何卒ご容赦頂きたい。
きょうは「“勝者の責任”に向き合った新井」、「大野陽子は片輪走行、躍進の因を発揮し切れず」、「まだまだやれるアルベール、また1年“怖さ”を更新」の3題。


■「勝者の責任」に向き合った新井

日本代表の新井千鶴はみごと世界選手権連覇達成。ここまでの道程は決して平坦ではなく、昨年の初優勝以来、この1年は国内・国外合わせて出場した4大会すべてでタイトル奪取に失敗。内容も相手の掛け逃げと見て待った場面での「指導」失陥(グランドスラム東京の対大野陽子戦)、ポカ負け(グランドスラム・パリ)、ライバルに力負け(選抜体重別の対大野陽子戦)、格下相手に方針定められぬままに「指導3」負け(グランプリ・フフホト)と低空飛行。この一年の新井は「低迷」、どころか「迷走」と評されてしかるべき状態であったわけだが、この日はまさに雲を払うような活躍。全試合で投技を決めて見事ふたたび世界の頂点に立ってみせた。決勝、マリー=イヴ・ガイ(フランス)を抑え込み、「一本」宣告を受けて顔を上げた新井の目には涙。張り詰めていた糸が切れたような、クールな新井には珍しい生の感情の奔流。この1年の彼女の労苦と凄まじい重圧が察せられた、感動的なシーンであった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.